キッチンカー運営の成功事例に基づいた、

低コスト、高効率の、

キッチンカーの製作を。

>>>製作車両メニューを見る>>>

キッチンボックスカー、モデル

こだわり抜いた低コストと、運営のやりやすさを、キッチンカー運営の成功事例に基づいて製作しています。

また、フードトラックカンパニーのキッチンカー製作では、保健所の許可申請名義変更の手続き陸運局の構造変更などの手続きを、弊社でキッチンカーを製作するお客様については無料で代行させていただきます。

 

やらないと開業できないけど、
売上に繋がらない面倒な手続きは、
フードトラックカンパニーにお任せください。

フードトラックカンパニーのキッチンカー製作の強み

 

1tトラックのキッチンカー

サービスに厳しい大手企業様のキッチンカーの製作と、手続きの代行をさせていただきました。

 

フードトラックカンパニーのキッチンカーの特徴

まずキッチンカーの内装を徹底して使いやすく設計しました。売上を上手に作るためには少ない時間でたくさんの商品を提供できることが大切です。

高さはまっすぐ立つに十分か、調理場所と提供場所の位置は適切か、無駄なオプションが作業の邪魔をしていないか、必要に応じた人数が作業できるスペースを確保しているかなど、フードトラックカンパニー独自のモデルカーにしかない、運営のしやすさが特徴であり弊社の自信です。

 

 

株式会社フードトラックカンパニーが提供する製作車両メニューです。

フードトラックカンパニーはコストパフォーマンス高く、オペレーションがスムーズにできるキッチンカー(移動販売)を製作・販売しています。

 

キッチンカーの種類 キッチンボックス350 キッチントラック1500
イメージ写真 キッチンボックスカー、モデル 1.5tトラック・スタンダードブラック_01
製作費 212万円〜 350万円〜
特徴 弊社で最も人気が高い定番のキッチンカーで、低コストでの製作が可能なのが最大の特徴です。 弊社のキッチンカー(移動販売車)の開発研究の結晶とも言えるモデルです。
メリット 車両が小さいことで、女性一人でも運転がしやすいということと、狭い場所でも営業できるという2つの大きなメリットがあります。 この車両の大きさのキッチンカー(移動販売車)の中では最も低コストでの製作が可能です。キッチンボックス内も広くオペレーションがしやすく、大きな売上をあげることができます。
デメリット 大きなイベントで一気に大規模な売上を作るときに、食材を詰める量が限られてしまうため、食材の輸送用の車がもう一台臨時で必要になることがあります。 運転に苦手意識がある方にとっては、車両の大きさに慣れるまで緊張感が高くなります。また、狭い場所での販売に制限がかかることがあります。

 

  • キッチンボックスカー、モデル
    キッチンボックス350:一番人気の定番の軽キッチンカー(移動販売車)
  • 1.5tトラック・スタンダードブラック_01
    キッチントラック1500:高額売上を作ることができるキッチンカー(移動販売車)
  • キッチンカー(移動販売)の製作車両のメニューページ
    製作車両メニュー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
フードトラックカンパニーからのご挨拶
初めての方へ
5年前に私が初めてキッチンカー運営をしてみてわかったことがあります。 それは、「すごく楽しくて本当にやってよかった」ということと、 「開業す...