東京都世田谷区「バンタコス」様のキッチンカーを製作させていただきました。

製作させていただいた種類は「キッチンボックス350」です。

製作したキッチンカー・移動販売車

バンタコス様のメニュー

グルテンフリーのブルートルティーヤ。

出店されている様子の写真

バンタコス様のキッチンカーの仕様

右側:ドア 後ろ:販売窓
バックカメラ:あり 発電機:あり

フードトラックカンパニーからのインタビュー

キッチンカーを始められたきっかけを教えてください

フジロックフェスティバルとかそういったイベントによく行ってたんですけど、そこでキッチンカーを見たときにかっこいいな、やってみたいなってすごく思ったんです。
キッチンカーの中には、クラシックカーを改造したりして自分らしさを出しているというか,
楽しんでいるなと。
飲食店をやるなら、断然キッチンカーだなって即決でした。

キッチンカーのこだわりのポイントは何でしょうか?

他の人がやっていない、「自分たちだけのキッチンカー」というのを目指しています。
お客様に楽しんでもらうのは当然ですが、私たちも楽しむということを大切にしたいと考えています。

メニューは見た目も新しく、健康的なものを堪能してもらいたくて、シェフ考案のオリジナルメニューを豊富に取り揃えています。

特に味わってほしいのが、日本では珍しい青色のとうもろこし粉を100%使用した生地を使った手作りのトルティーヤです。自家製の絶品タコミートとの相性がバツグンなタコスを一度試してもらえたらと思います。

色々なものをできる限り手作りにしているので、ノンストレスな食べ物を味わってほしいという私たちの思いが少しでも伝わったら嬉しいです。

 

キッチンカーで叶えたい夢や目標はありますか?

色々なイベントに出て楽しみたいですね。

イベントって非日常というか特別感があると思うんですけど、タコスとビールもご褒美感というか特別な感じがあってイベントと相性がすごくいいと思うんです。

イベントの空間と一緒にうちのキッチンカーも楽しんでもらえるようになりたいなぁと思います。

 

これからキッチンカーを始める人への応援メッセージをお願いします

キッチンカーは楽しいですよ。自由だし、キッチンカーという雰囲気も独特ですし。

物事は続けていくことに意義があると思うんですけど、続けていけるという実感をひしひしと感じています。

この前あるイベントに参加したんでが、それが次の仕事を呼んだというか繋がって。
継続すること、そして、繋がりや世界が広がることに感謝し全力で楽しむことがキッチンカーの醍醐味なのかなって思います。

フードトラックカンパニーからのメッセージ

今後とも応援しております!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事