キッチンボックス350、キッチントラック1500をご購入のみなさまにおすすめの発電機についてご説明いたします。

1、キッチンカー運営においてのおすすめの発電機

YAMAHAの発電機1600W

YAMAHAの発電機1600W

フードトラックカンパニーで、いろいろ発電機を試しましたが静音装置もあるため一番静かでした。
どうしても車両の近くで使うことになるので、キッチンカーの接客であることを考えると最もおすすめな発電機です。

販売場所によってはうるさくない発電機を指定してくるところもあるので、弊社としては「EF1600iS」をおすすめしております。

2、YAMAHAの公式サイト

YAMAHAの1600Wの発電機「EF1600iS」の公式ページ

YAMAHAの1600Wの発電機「EF1600iS」の公式ページ

YAMAHAの発電機の公式サイトに「EF1600iS」の説明が事細かに書いてありますので、そのページを詳細に確認いただくことで、発電機に必要な知識はほぼ手に入れることができます。

しっかりと確認することをおすすめしております。

YAMAHAの1600Wの発電機「EF1600iS」の公式ページ

3、最安値のYAMAHAの発電機「EF1600iS」の購入方法

カカクコムで「YAMAHA 発電機 1600W」と調べる

カカクコムでYAMAHA発電機の価格差をチェック

カカクコムでYAMAHA発電機の価格差をチェック

カカクコムはWEB上に出ている最安値を調べてくれるサイトなので、一度、カカクコムでどこのネットショプで購入するのがお得なのかを確認してください。

カカクコムに掲載されているお店の中には、送料を高めに設定することで本体価格を下げる工夫をしているお店もあるので、その点は注意が必要です。

カカクコムで「EF1600iS」の金額を比較する

amazonで「EF1600iS」を購入する。

おすすめはamazon内でYAMAHAから購入することです。送料表記が明快なのと届くのが割と早いです。

北海道の大地震後にこの発電機が日本中で欠品したのですが、その時にギリギリ購入できたのがamazonのショップでした。

 

 

4、EF1600iSの使い方

実際に発電機を買ってみて思うことが、

どうやって使ったらいいのか分からない。

ということだと思います。

 

そんな方は、YAMAHAの発電機の公式サイトにある「使い方動画」をご覧いただければと思います。

短くて要点をよくとらえた素晴らしい動画です。

EF1600iSの「始動方法」

YAMAHAの公式サイトにEF1600iSの始動方法の分かりやすい動画がありますのでご紹介いたします。

緑のランプが点灯したらキッチンカーの外部コンセントにつなぐ

緑のランプが点灯しましたら発電機のコンセントに外部入力プラグを挿入して、反対側のプラグをキッチンカー(移動販売車)の外部電源入力コンセントに繋いで、キッチンカー(移動販売車)に電力を注いでください。

「EF1600iS」は1600Wを供給しますが、キッチンカー(移動販売車)内部の電力で総量で1500Wが上限と考えていただければと思います。

EF1600iSの「保管方法」

YAMAHAの公式サイトにEF1600iSの保管方法の分かりやすい動画がありますのでご紹介いたします。

5、YAMAHAの1600Wの発電機「EF1600iS」を使うために必要なツール

使い方が分かったら、あとは必要なツールやパーツを準備して使ってみるだけです。

実際にフードトラックカンパニーが購入した物を紹介いたします。

エンジンオイル

使い方の動画を見ると分かりますが、「EF1600iS」に入るエンジンオイルの量は「400ml」です。ですので、まずは1Lほど購入すれば十分かと思います。

エンジンオイルを入れる容器

エンジンオイルを購入して安心していると、「どうやって注いだらいいのだろう・・・」という事態に陥ります。

余談ですが、、実際に私は注ぐ容器を購入し忘れてしまい、ペットボトルを代用したのですが、的を外してしまい少しこぼしてしまいました。

新品の発電機にエンジンオイルをこぼしてしまい少し嫌な気分になってしまいました。。

この記事を読んでる方には同じミスがないことを願うばかりです。

携行缶

ガソリンを入れる缶です。

「EF1600iS」に入るガソリンの量が「4.7L」なので、携行缶の容量は5Lの物で十分かと思いますので、以下も参考にしてみてください。

 

ガソリン

発電機用のガソリンをガソリンスタンドで購入する

発電機用のガソリンをガソリンスタンドで購入する

お近くのガソリンスタンドに携行缶を持っていき入れてもらいます。
YAMAHAの1600Wの発電機「EF1600iS」に入るガソリンの量は4.7Lなので、携行缶の容量は5Lほどにして満杯に入れてもらうのが良いのではないかと思います。

6、キッチンカー運営に必要な発電機のワット(W)数

よくいただく質問に、900Wの発電機と1600Wの発電機のどちらを購入すれば良いか。というものがあります。

結論としましては、コールドテーブル を利用される方は今回、おすすめしている1600Wワットの発電機を利用いただきたいです。

コールドテーブル を使わずにミニ冷蔵庫(冷凍庫)やクーラーボックスを使う方は、900Wの発電機でも対応できると思います。

ですので、キッチンカーにコールドテーブル や、それ同等の電力を使う機器を搭載する場合は、おすすめしています1600Wの発電機「EF1600iS」をご利用いただければと思います。

まとめ

以上のことを考慮いただけば、YAMAHAの発電機は基本的に使えるかと思います。

ぜひ、試してみてください!

 

  • YAMAHAの発電機1600W
    YAMAHAの発電機1600W「EF1600iS」の購入・使用の方法
  • 移動販売車の営業場所を効果的に探す方法
  • 成功する移動販売車(キッチンカー)製作のポイント

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事