キッチンカーの営業許可取得マニュアル5ステップ!

キッチンカーの営業許可取得マニュアルキッチンカー(移動販売車)で開業をする場合、一番重要なポイントとなるのが、保健所で営業許可を取ることです。

保健所と聞くだけで、「なんとなく難しい・・」イメージがあるかもしれません。

しかし、事前に保健所へ相談することで、スムーズに進めることができます。

そのために、営業許可の概要や流れを把握しておくとが大切です。

そこでこの記事では、

①営業許可を取得する場所
②営業許可は提供するメニューによって異なること
③営業許可の申請でチェックされる点
④営業許可と一緒に食品衛生責任者の資格も必要
⑤営業許可の手続き

の5つのポイントを抑え、解説していきます。

どうしたら営業許可を取得できるか、具体的な方法から流れまで記載しておりますので、ぜひ最後まで読み込んでみていただければと思います。

==キッチンカー(移動販売車)で営業許可取得完全攻略法==

キッチンカー(移動販売)の開業には営業許可が必要

営業許可とは、「保健所の指定する基準を条件を満たしたキッチンカーに対する許可」です。
この営業許可証がないと、希望する地域でキッチンカーを使った販売ができません。

店舗を持って飲食店をする場合も営業許可を申請し、営業許可証を取得します。
営業許可を取得する流れは、下記となります。

①所管の保健所に相談
②必要書類の提出
③設備の確認検査
④検査結果に問題がなければ、営業許可書が交付される

キッチンカーの営業許可は、店舗で飲食店をする場合と流れが異なります。
まず、相談へ伺う保健所について確認していきましょう。

販売する地域の保健所で営業許可を取得する

営業許可の申請は、住んでいる最寄りの保健所ではなく、「販売する地域を管理している保健所」で申請・取得を行います。

また、各都道府県単位で申請をするのではなく、各市町村または地域にある保健所へ届け出が必要です。

そのため、同じ県でも販売する場所によって、営業許可が2・3つ必要となる場合があります。

例えば、東京都で営業する場合
・主な営業地域が特別区(新宿区や世田谷区など)の場合
⇒各区の保健所へ申請
・多摩地域(八王子市や町田市を除く)で営業する場合
⇒多摩地域の保健所に申請をします。
※販売する地域が世田谷区・町田市の場合、2つの保健所で営業許可が必要になります。

ここまで、営業許可の申請場所について解説いたしました。
続いて、営業許可の条件を確認してみましょう。

営業許可の条件も各保健所で異なる。

営業許可の条件も、各都道府県の保健所により異なります。

こちらも、全国共通ではありませんのでお気をつけください。
※同じ保健所でも担当者が変わると許可の条件が変わることもあります。注意が必要です。

そのため、
「自分がどこの地域で営業したいのか」
「何を販売したいのか」

を決めておく必要があります。

その上で、営業したい地域の保健所が提示する条件を確認しておきましょう。

また、保健所が提示してくる条件を把握することで、キッチンカーの仕様・販売するメニューの擦り合わせが事前に可能となり、申請時のつまずきを防ぐことができます。

キッチンカーを購入後、またはオーダーした後に改造が必要とならないように、必ず事前に確認しましょう。

ここまで、営業許可の申請・条件は管轄する保健所で異なっていることを確認してきました。

さらに営業許可の種類は、販売するメニューで更に細かく分かれています。どんな種類があるか併せてチェックしていきましょう。

提供メニューにより営業許可の種類が異なる。

営業許可の種類は、販売するメニューによって「食品営業自動車業」と「食品移動自動車」の2つに大きく分けられます。

・食品営業自動車業(調理営業)
⇒自動車に施設を設け、車内で調理、加工および販売する形態。生ものは提供できない。
・食品移動自動車(販売業)
⇒自動車に施設を設け移動して食品を販売する形態。

更に、販売する種類によって細かく分かれています。

それぞれ、簡単にご説明いたします。

食品営業自動車(調理営業)の中には、3つの営業許可があります。

食事系のメニュ―販売の場合「飲食店営業」、スイーツ系メニューの販売の場合「菓子製造業」、ドリンクやアイスクリームなどを販売する場合「喫茶店営業」となります。

「メインはクレープを売ろう。
 そうだ!ジュースも一緒に提供できると客単価も上げられるし、お客様も喜んでもらえるから飲み物も一緒に販売しよう。」と考えた場合

「クレープ」は「菓子製造業」、「ジュース」は「喫茶店営業」と2つの営業許可が必要となります。

続いて、食品移動自動車(販売業)の中には、2つの営業許可があります。

包装されたパンやおにぎりの販売をする場合「食料品等販売業」、包装された鳥獣の肉を販売する場合「食肉販売業」、包装された牛乳、乳飲料を販売する場合「乳類販売業」、包装された魚介類を販売する「魚介類販売業」となります。

こちらは、移動スーパーや移動コンビニがメインに取得する営業許可となりますが、該当するメニューを販売する場合は、忘れずに取得しておく必要があります。

ここで、重要なポイントは、
3台でクレープを販売する場合、「3台分に菓子製造業」の営業許可が必要です。

1つ営業許可を取得すれば、どのキッチンカーにも充当できるのではありませんので、お気をつけください。

自分が「どのメニューを取り扱うのか」、「このメニューを提供する場合はどの許可がいるのか」しっかりと確認しておきましょう。

また、どの営業許可も有効期限は5年間。5年ごとに更新料が発生します。

メニュ-数に制限はないの?
各保健所によって異なりますが、車両の大きさに合わせて何品目ぐらいと決めているところや、この車両の場合ご飯はNG、ドリンクだけならここまでOKなど様々です。
もし「どうしてもこのメニューが出したい」と決まっている場合、車両を購入前に相談してみてもいいかもしれません。

ここまで、営業許可の取得方法・営業許可の種類について詳しくみてきました。一度簡単にまとめてみます。

①営業許可を取得するには、販売したい地域の保健所へ届け出が必要。
②保健所によって条件が異なるため、事前に保健所の許可を確認しておくとよい。
③営業許可は、提供するメニューにより取得する種類が異なり、メニューによって営業許可が2つ以上いる場合がある。

営業許可の概要について、なんとなくご理解いただけましたでしょうか?
さらに、営業許可の申請の際、チェックされる一般的な条件も合わせて確認してみましょう。

営業許可でチェックされる条件

実際に営業許可を取る際にチェックされるポイント、最低限必要な設備を、簡単にまとめてみましたのでご紹介いたします。


・運転席と調理場は完全に仕切られているか
・給水・排水タンクの設置され容量は充分であるか
・シンクの数は充分であるか
・収納ケースや棚の設置は充分であるか
・石鹸は常時、清潔さを保てる状態であるか
・換気はしっかり考慮されているか
・冷蔵庫・冷凍庫の設置
・ゴミ箱の設置

上記8点が主にチェックされる条件です。

申請をする前に何度もチェックをし、スムーズに審査が進むようにしておきましょう。
それでは、1つ1つ簡単にチェックされるポイントを確認してみましょう。

運転席と調理場は完全に仕切られているか

食中毒を防ぐため、調理場は衛生管理が徹底されていなければいけません。
そのため、運転席部分とキッチン部分が別の空間として区切られている必要があります。

ただし、トラックタイプのベース車両にキッチンボックスを乗せる形で製作されるキッチンカーの場合は、気にする必要はありません。

しかし、エブリィ、ハイエースなどのバンタイプの場合、運転席と調理場が分かれていないことが多いので、対応が必要です。

キッチンカーで人気の車種、クイックデリバリー も対策が必要ですので、お気をつけてください。

特に中古車両でこの点がクリアされていないと、改造費がかかってきてしまうのでチェックをしておきましょう。

給水・排水タンクの設置され容量は充分であるか

キッチンカーの場合は、自由に水を供給できません。
衛生を保つ為にも十分な容量の給水・排水タンクを設置する必要があります。

給水・排水タンクの容量は、取り扱うメニュー・各保健所によって必要な容量が異なります。
注意が必要な条件となります。

給水タンクの容量ってどのくらいを準備すればいいの?

自治体によって基準が大きく変わってくるポイントとなります。
タンクの容量が基準よりも多い場合は問題ありませんが、少ない場合だと営業許可がおりませんので注意しましょう。また、営業をする業種によって、基準が大きく変わってくるポイントは「給水タンク」の容量です。
「給水タンク」の容量について東京都を例にみてみましょう。

■調理営業
飲食店営業、喫茶店営業、菓子製造業
●大量の水は使わない・食器類は使い捨て・食品は単一品目 → 40リットル以上
●大量の水は使わない・食器類は使い捨て・食品は複数品目 → 80リットル以上
●上記以外 → 200リットル以上

■販売業
●乳類販売業、食肉販売業、食料品等販売業、魚介類販売業
●一律 → 18リットル以上自分がやりたい業種の基準をしっかりと満すようにしましょう!

シンクの数と大きさは充分であるか

シンクの数は保健所の地域によってルールが異なります。
必ず移動販売車(キッチンカー)を製作する前に保健所に、
シンクの数とシンクの大きさの確認をするようにしましょう。

収納ケースや棚の設置は充分であるか

収納ケースや棚には扉がしっかり付いていることがポイントとなります。

保健所によって異なりますが、虫が入らないレベルでしっかりと扉が隙間なく閉まることが条件の場合があります。

DIYを行ったことで不備が起こることもありますので、保健所確認の際は注意が必要です。

手洗い石鹸と消毒、清潔さを保てる状態であること

食品を扱う際、一番気をつけなければならないのが、食中毒です。

食中毒の原因は、一年を通して発生するO-157やノロウイルスとなります。

菌を発生させないためにも、常に手洗いや消毒ができる場所と設備を確保することは必須事項です。

手洗い石鹸と消毒用アルコール・キッチンペーパーなどは切らさないよう準備しておきましょう。

換気はしっかり考慮されているか

「車の窓を開ければ換気になるから大丈夫」と思ってしまいそうですが、換気扇がないキッチンカー(移動販売車)は保健所の許可がおりません。

また、熱くなりがちな夏場は、換気扇があることで作業を進めやすくなります。

しかし、換気扇があるということは、空気がはいる穴があるため、虫などが侵入しない工夫も必要です。窓に網戸をつけたり、網戸付きの空気穴などの工夫をすると良いでしょう。

冷蔵庫・冷凍の設置

食材に保冷が必要なものがある場合、冷蔵庫・冷凍庫の設置は必要となります。

調理台としても使えるコンパクトな冷蔵庫を用意すると、スペースの有効活用できます。

また、忘れてはいけないのが、走行中も電源を供給できる設備が必要です。
走行中も冷蔵庫の電源を入れておけるように、発電設備を用意しましょう。

ゴミ箱の設置

ゴミ箱は、衛生管理の面でも必要です。
蓋つきのものを忘れずに準備しましょう。

「仕込み場所」は確保できてる?営業許可も必要です。

営業許可の条件を確認してきましたが、同じくらい重要なポイントがあります。
それは、キッチンカー(移動販売車)で営業するにあたって、提供する飲食品の「仕込み場所」です。

仕込み場所とは、キッチンカーで販売するメニューの「下準備」をする施設のことです。

例えば、下記の場合、

・タコ焼きに使うタコを切る
・粉と牛乳を混ぜでクレープ生地を作る

「切る・混ぜる」作業を行います。その場合、異物混入や食中毒になるきっかけとなります。

そのため、屋内の仕込み場所で行うことを義務つけている保健所が多くあります。

「自宅でもいいんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、多くの保健所では自宅での仕込みを許可していません。
※ただし、「キッチンカーの中での仕込みはOK」と許可してくれる場合はあります。

自宅以外で仕込み場所を確保するには・・調べてみたところ、


・知り合いの飲食店に頼んで間借りさせてもらう
・飲食店の居抜き物件やプレハブ小屋を活用して、自分の許可施設を作る
シェアキッチンをレンタルする

の方法があるようです。

複数の保健所で許可をとる場合は、保健所ごとに仕込み場所の条件を、確認しておきましょう。

例えば、仕込み場所は神奈川、営業する場所は東京都新宿区である場合

・仕込み場所
⇒仕込み場所を所管する神奈川県の保健所で営業許可を取得
・キッチンカーの営業場所
⇒営業地を所管する東京都の保健所で営業許可を取得
⇒この場合、2つの営業許可が別々の管轄する保健所で必要になります。

食品衛生責任者の資格も必須です。

忘れてはいけないのが「食品衛生責任者」の資格です。
「食品衛生責任者」とは?「調理師」と何がちがうの?と、思われる方も多いのではないでしょうか。

「食品衛生責任者」は、施設において食中毒や食品衛生法違反を起こさないように、食品衛生上の管理運営を行うことが目的で、食品を扱う営業を行う場合、営業許可を受ける施設ごとに1名以上、置かなければならないと全国で定められているきまりです。

キッチンカーでも食品を扱うため、必要な資格となります。
保健所が実施する講習会の受講を受けることにより、資格を取ることが可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

「飲食業界」が未経験で「調理師」の資格がなくても、6時間以上の養成講習会を受講すると資格が取得できます。

ただし、講習会は1か月先まで満席になっている場合が多いため、早めに受講の申し込みをおすすめいたします。

◇食品衛生責任者講習内容◇
【講習内容】 公衆衛生学1時間/衛生法規2時間/食品衛生学3時間|合計6時間
【受講料】  1万円程度(都道府県ごとに異なる)
【受講日】  営業許可申請の際に、各保健所から説明あり。

食品衛生責任者の資格は、全国共通となります。

すでに取得されている場合は、取得不要です。

また、下記の資格を持たれている方は取得の必要はなく、申請だけで取得できます。

・栄養士
・調理師
・製菓衛生師
・と畜場法に規定する衛生管理責任者
・と畜場法に規定する作業衛生責任者
・食鳥処理衛生管理者
・船舶料理士
・食品衛生管理者、もしくは食品衛生監視員となることができる資格を有する者

出典:東京都保健福祉局

では、最後に営業許可の取得の流れをご紹介いたします。

保健所で営業許可を取得する流れを紹介!

それでは最後に、営業許可取得までの手続きの流れを確認してみましょう。

①保健所に事前の相談をする。
(メニュー、出店場所、キッチンカーの設計図を元に打ち合わせ)
②申請書類に記入し、保健所に提出する。
(記入方法が不明な場合は保健所の担当者に確認)
③キッチンカー完成後、チェックの日程調整を保健所とする。
④キッチンカーを保健所に持ち込みチェックを受ける。
(指摘有る事項は改善し、後日再チェック)
⑤営業許可証の交付。
合格の場合、2週間ほどで許可証交付となります。
⑥もらった許可証をキッチンカーの中に提示し、営業スタート。

では、簡単にざっくり解説いたします。

保健所に事前の相談をする

なんどもお伝えしておりますが、事前に保健所へ相談が必要です。
そのため、まずは保健所にキッチンカーを開業する意向を伝えます。

その際に、キッチンカーの許可条件や設備について確認しましょう。

保健所とは数回相談が必要となりますが、ここでしっかり話を聞いておくと、開業準備がスムーズになります。

保健所によっては、申請書をPDFやWord形式でダウンロード出来るので、あらかじめ入手し色々と調べてみることをおすすめいたします。

【 ポイント 】

「売りたいメニュー」と「販売したいエリア」を決めてから、保健所へ相談しましょう。この2つが決まっていないと、保健所もアドバイスができません。

申請書類に記入し、保健所に提出する

その後、必要書類を記入の上、保健所へ提出します。
書類を提出するタイミングも保健所によって様々です。
各保健所の指示に従いましょう。

営業許可を取得するにはいったいどんな申請書類が必要でしょうか?

営業許可申請時は、何種類かの書類を提出する必要があります。

こちらも保健所によって書式やフォーマットに多少の違いや提出する書類も変わってきますので、しっかりと事前に調べておきましょう。

東京都の場合は、下記の書類が必要です。

・営業許可申請書
・営業設備の大要、配置図
・仕込み場所の営業許可証の写し
・営業の大要
・食品衛生責任者の資格を有する証明するもの(食品衛生責任者手帳など)
・許可申請手数料
・車検証のコピー
・仕込み場所の水質検査証明書
・検便検査成績書

食品衛生責任者の証明書は、手帳または修了書となり、地域によって異なりますので確認するようにしましょう。

なお、申請の際、手数料の支払いも必要です。
また、押印のための認印も忘れずに持参しましょう。

キッチンカーを保健所に持ち込みチェックを受ける

キッチンカーの内装・設備が完成したら、ようやく保健所のチェックを受けることができます。

担当した保健所の方に中をみてもらい、不備がないか確認してもらいます。
石鹸や消毒液も忘れず搭載しておきましょう。

このチェックに合格すると、約2週間ほどで営業許可証が完成します。
しかし、不備がある場合は不合格となり、修正が必要です。

保健所の指示通り設備が整っていたら、不合格になることはありません。

何度も足を運ばなくていいように保健所の条件をしっかり確認して製作するようにしましょう。

キッチンカーの開業ポイントは、営業許可!

ここまで、キッチンカー(移動販売車)の営業許可の申請・条件・流れを解説してきました。
最後に簡単に確認しておきましょう。

①営業許可を取得するには、販売したい地域の保健所へ届け出が必要
②保健所によって営業許可がおりる条件が異なるため、事前に保健所の許可条件を確認しておくとよい。
③営業許可は、提供するメニューにより取得する種類が異なる。
④食品衛生責任者の資格も必要
⑤営業許可取得までの手続きの流れの確認も忘れなく。

営業許可について、ご理解いただけましたでしょうか?

移動販売車(キッチンカー)を自分で作るのか、製作会社で作るのかによっても、保健所の対応は変わってきます。

自分で移動販売車を作る場合は、保健所の許可がおりるキッチンカーが製作できるように製作前に確認をすることをおすすめします。

また、ご自身が出したいエリア以外にも、将来的にイベント出店で神奈川や東京、大阪など、人口が多いエリアでの出店も考慮して調べることも重要です。

余談ですが・・

営業許可を代行してくれる製作会社の場合、保健所の情報が集まっています。その製作会社が入っていることで、保健所からの営業許可も個人で申請するより、許可を得やすくなります。最初は、製作会社で営業許可を申請してくれる会社を探し手伝ってもらい(又は、代行してもらう)、それ以降は、自分で行うと効率よく許可を取得することが可能です。

フードカンパニーでも、保健所の営業許可の対策をはじめ、キッチンカーの製作を受付ています。

1人で情報収集したために、時間がかかり、キッチンカーの再度改造が発生してしまうなど、デビュー前に「こんなつもりでなかった・・」とならないよう、一度ご相談いただければと思います。

▶▶お問合せはこちらまで◀◀

ご覧いただいてる方が、少しでも素敵なキッチンカーライフをお送りできるよう応援しています。

フードトラックカンパニー行政書士事務所の代表の堀口学の写真フードトラックカンパニー行政書士事務所
所長
堀口 学(ほりぐち まなぶ)

フードトラックカンパニー行政書士事務所を立ち上げ、キッチンカーオーナーに対する許可申請代行業務に行うことで、キッチンカーの開業支援を行っている。

キッチンカー(移動販売車)の偉業許可取得5ステップ!

キッチンカーの開業セミナー!

キッチンカーを開業する前に、キッチンカーを見学しながら、キッチンカーの開業や運営について質問してみませんか!?

キッチンカーの開業に必要な知識や情報が全て手に入ります!

【開業セミナーの会場と日程】

10名様限定開催!

3月9日(火)10時~13時30分 in 東京
3月9日(火)14時30分~18時 in 東京
3月10日(水)10時~13時30分 in 東京
3月11日(木)14時30分~18時 in 名古屋
3月12日(金)10時~13時30分 in 名古屋
3月18日(木)10時~13時30分 in 大阪
3月18日(木)14時30分~18時 in 大阪


新車キッチンカーが頭金0円で月額26,350円〜のローンで購入できます!

キッチンカーの初期費用を安くおさえるためのフードトラックカンパニーローン

キッチンカーの初期費用を安く抑えるフードトラックカンパニーローン


東京都の飲食店がキッチンカーに業態転換すると100万円の助成金!?

2020年4月23日に発表され予算終了時点で募集終了になりますので、お早めにご確認ください!

東京都の飲食店がキッチンカーに業態転換すると100万円の助成金


キッチンカー開業の動画セミナー!

テレビやYouTubeを観るようにキッチンカー開業の動画セミナーを受講しませんか!?

インターネット生放送の動画セミナー参加者限定の、キッチンカーの詳細説明動画が閲覧できます!

【キッチンカーの動画セミナーの開催日程】

3月6日(土)10時〜13時
3月10日(水)10時〜13時


コロナの影響でキッチンカーの需要は下がるのか?上がるのか?

2019年に中国の武漢で発生した「新型コロナウイルス」がキッチンカー業界に与える影響についてまとめました。

コロナがキッチンカーに与える影響

人々がオフィス外からベッドタウンに移ったことと、巣篭もりをしていることでキッチンカーの役割に変化が起こっています。