日本初国産ジンジャービア醸造所 【HAKKO GINGER Lab.】を設立された

北海道虻田郡倶知安町の「株式会社デリシャスフロム北海道様」の「発酵ジンジャー」キッチンカーを製作させていただきました。

製作させていただいた種類は「キッチンボックス350」です。

とてもオシャレなキッチンカーです!

製作したキッチンカー

デリシャスフロム北海道様キッチンカーのメニュー

この投稿をInstagramで見る

 

HAKKO GINGER(@hakkoginger)がシェアした投稿

  • 発酵ジンジャー
  • レモネード

デリシャスフロム北海道様の発酵ジンジャー等の商品はオンラインショップでも購入いただくことができます。

>>>デリシャスフロム北海道様のオンラインショップをみる

出店されている様子の写真

株式会社デリシャスフロム北海道様のキッチンカーの仕様

ベース車両:SUZUKI キャリィ DA16T(新車) 内装:キッチンボックス350
左側面:跳ね上げ窓、跳ね下げカウンター 右側面:出入口ドア
前方:R型フロント収納ボックス 後方:販売窓
デザイン:フレンチフェイス、塗装あり 走行時電力供給システム:無し
サイドスカート:有り

フードトラックカンパニーからのデリシャスフロム北海道様へのインタビュー

キッチンカーを始めるきっかけを教えてください

飲食店を複数経営しておりましたが、新たに発酵ジンジャーの醸造場を始めることになりました。
まだまだ一般的に「発酵ジンジャー」と言っても認知されていないためPR目的でキッチンカーに発酵ジンジャーを載せて47都道府県を回る計画をしていたのがきっかけです。
私自身料理人でもありますので現地の食材を使った料理を発酵ジンジャーと楽しんでいただくことを考えていました。

そんな時にコロナが蔓延しまして一時保留していたのですがこんな時こそキッチンカーだと思い購入を決めました。

キッチンカー初めてみて効果はどうでしょうか

PR目的は存分に達成されていると思います。
かわいいキッチンカーのおかげで写真を撮っていただきSNSで拡散されやすかったり、オンラインショップを構えているだけでは伝わらないアクティブ感を感じていただけていると思います。まだ初めて1年弱ですがキッチンカー購入費の価値は十分回収しできたと思っています。

現在の出店場所はどのあたりでしょうか?

平日は主に醸造所の前に出しております。
土日は発酵ジンジャーを卸させていただいているレストランなどに出向き軒先での販売もさせていただいております。

発酵ジンジャーの世間での受け入れられ方はどうでしょうか?

コロナのこともあり免疫を高めることに人々の意識が高まっていることもありテレビや雑誌の取材も入るようになり注目されていることを感じます。
オンラインショップでは毎日全国の方に購入いただけておりますし全国のレストランでも100店以上に卸させていただいています。

美容効果も期待されるということで美容クリニックからの問い合わせも来ています。

フードトラックカンパニーからのメッセージ

北海道から、弊社(東京)へキッチンカー製作の依頼をいただき、誠にありがとうございました!
自社の商品のPRを目的にキッチンカーを活用いただいている少し珍しいケースでした。

インタビューでも発酵ジンジャーのPRにすごく生きているという話をしていただき嬉しくなりました!!

ぜひオンラインで購入させていただこうと思います。

>>>デリシャスフロム北海道様のオンラインショップをみる

全国ツアーもコロナが落ち着いたらされるかもしれないのでとても楽しみにしています!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事