フードトラックカンパニーも、キッチンカー協力・キッチンカー監修で関わらせていただいたTBSドラマ「着飾る恋には理由があって」のブルーレイ&DVDが2021年10月13日(水)に発売されました。

着飾る恋には理由があってDVDBOX

 

川口春奈さんと横浜流星さんの主演で、横浜流星さんがキッチンカーの運転席から身を乗り出したキスシーンの「キッチンカーキス」や、キッチンカー前でのプロポーズ「一生、付き合ってください」といった毎話連続の名キュン(?)シーンや、横浜流星さんの流れるような料理シーン、星野源さんのエンディング曲「不思議」がかかるタイミング【追い源】など、Twitterで世界1位のトレンドワードになったほど大変な話題になったドラマでした。

.

2021年4月22日火曜日に放送が開始され、6月22日に最終話が放送されたばかりですので、いまなおドラマロスの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

.

脚本金子ありさん、プロデューサー新井順子さん、演出塚原あゆ子さん、そして横浜流星さん、川口春奈さんほか、関係者の方々には本当に美しく、観ている我々も憧れてドキドキしてしまうくらいのキッチンカーの魅力を表現していただきました。

.

今回のブルーレイ&DVDの発売を記念して、ドラマのファンの方々だけでなく、ドラマに興味を持っているけどまだ観てないよ!という方、そしてこれからキッチンカーを始めたいとお考えの方々に、ドラマ「着飾る恋には理由があって」が描いて表現してくれたステキなキッチンカーの世界観についてご紹介したいと思います。

「着飾る恋には理由があって」幸せなキッチンカー経営者視点のあらすじ

メニューはカレー1品。月に10万円の純利益が出ればいい?

カレー1品とスペインビールで勝負するキッチンカー「Fuji Bal」を営業する藤野駿・26歳(横浜流星)は「月に10万円の純利益が出ればそれでいい」と考えるミニマリストな個人事業主。

.

スペインで修行したこともある彼は、帰国後に料理人としての腕を買われて20代前半のうちに「Hortensia(オルテンシア・あじさいの意味)」というスペインレストランを任されるほどの腕前だった。しかし、職場の人間関係のトラブルで店を潰してしまい、その苦い経験から野心を捨てて、気の向くままに自由に生活している。

.

メンテナンスに出していたキッチンカーFujiBalの引き取りのために訪れていた玉川上水近くのバスの中で、インテリアブランド「el Arco Iris(エル・アルコ・イリス)」の広報担当でインフルエンサーのヒロイン真柴くるみ(川口春奈)にぶつかられてしまうところで二人は出会う。

.

のんびりバスの景色を眺める藤野駿と、バスの中でも慌ただしく仕事をする真柴くるみ。一見すると対象的な二人。

.

真柴くるみは、目的の駅を間違えてしまうが、そこを通りかかった藤野駿の運転するキッチンカーFujiBalに乗せてもらい、物語が始まる。
大切なもののために着飾り、人一倍の努力をする真柴くるみと、いま大切なものを大切に自由に生きる藤野駿。最初は価値観の合わないと思われた二人が、偶然にも同じシェアハウスで住むようになり、いっしょに散歩をしたり、飲み明かしたり、お花見に行けなかったり、キャンプに行ったり、抜け駆けして温泉に行ったり、お互いに惹かれ合っていく。

.

うちキュンから二人に訪れた変化。料理人・藤野駿の奮起

そんな中、藤野駿は、過去に潰してしまったスペインレストラン「Hortensia」が移転して営業をしていること、そしてシェフが入院して働けなくなってしまい、レストランの元同僚で元恋人の福本葉菜(山本千尋)が困っていることを知る。強い後悔と葛藤を感じている藤野駿は、目の前でがんばり続ける真柴くるみと自分を比べて、「隣に立つ資格ない」と過去を乗り越える覚悟で、再びスペインレストラン「Hortensia」の料理人として頭を下げ、厨房に立つことを決めるのだった。

.

.

藤野駿が過去を克服し、再び「Hortensia」のオーナーである福本父(近江谷太朗)に認めれると、知人のオーナーが北海道(藤野駿の出身地でもある)でオープンするレストランの計画がありシェフを探しているからやってみないかと打診を受ける。

.

キッチンカーではなく、レストランのシェフとして優れた食材で自分の腕を振るえるチャンスに揺れる藤野駿。
そのタイミングでインフルエンサー真柴くるみが紹介した商品のデザイナーに盗用疑惑が発覚する。本当に自分が良いと思ったものを人に紹介したいと願ってInstagramを更新していたが炎上し、立場的にも精神的にも更新ができなくなってしまう。

.

二人が約束していたデート当日、藤野駿は北海道のレストランに誘われていることを真柴くるみに伝える。「まずは、くるみに、ちゃんと話したくて。」

.

.

真柴くるみの返答「行きたいな。私もいっしょに行きたい。行こうかな。(仕事も)北海道で探す。駿と一緒にいたい」を聞いた藤野駿は、真柴くるみが自分の大切にしてきたものから傷つき逃げなければならない状況を察してしまう。藤野駿は「こんな感じで一緒にいてもだめなんだ。このままだとダメになる」と真柴くるみに告げ、お互いが大切に想い合っているが故に、すれ違ってしまう。

.

その後、出店していた北海道フェアで使った食材に触れ、北海道に行くことを決めた藤野駿と、「応援します」と泣きながらFujiBalのカレーを食べる真柴くるみ。
後日、真柴くるみのInstagramに北海道フェアでたまたま出会った夫婦から地元の村役場のイベントでFujiBalでケータリングを頼めないか、と相談が寄せられる。

.

「お休みの日なら」と快諾し、真柴くるみにも手伝ってもらったケータリング運営の中で、目の前の人たちの笑顔に触れ、ずっと何かを感じる藤野駿。

.

すでに真柴くるみの紹介していた商品のデザイナーが盗作疑惑を認める謝罪発表をし、紹介してくれたインフルエンサーは無関係であることが証明されていたにもかかわらず、それ以降も真柴くるみはInstagramを更新することができずにいた。
もうアカウントを消そう、そう考えていた真柴くるみに向かって藤野駿が言う。「俺に教えてくれたよね?本当に好きなら手を放すなって。大事なものからは逃げないって。教えてくれたのはくるみだよ」
藤野駿の想いにおされた真柴くるみは盗作騒動に巻き込まれたことを謝罪投稿し、Instagramに復帰する。

真柴くるみと藤野駿がたどり着いた大切なもの

そして、藤野駿自身も自分の大事なものが、その場で出会った人たちに、素敵な食材を使った料理で、みんなに笑顔になってもらうことだったという想いにたどり着き、北海道行きのオファーを断る。
そうする、と決めたことで、早速良いジビエが手に入った連絡があった岐阜まで唐突に出発してしまうキッチンカーFujiBalだが、藤野駿は急ブレーキをかけて真柴くるみの元に駆け戻って想いを伝える。

.
「この先、一生、付き合ってください」

.

場面は変わり時は流れて5年後。
地方の出店現場で、地元の人たちに受け入れられて活動しているキッチンカーFujiBalには、結婚した藤野駿と藤野くるみ、そして愛娘の藤野あかりの幸せな姿とともにドラマはエンディングを迎える。

.

幸せなキッチンカー経営者のあらすじ・ここまで

『着飾る恋には理由があって』のブルーレイ&DVD

ぜひ本編ストーリーはブルーレイ&DVDでご視聴ください!
DVDBOXについて渾身の出来になったと公式サイトでも紹介されています。

セル本編は全話ディレクターズカット版で収録。放送版から13分の未放送シーンを追加されています。
特典映像にはBlu-ray&DVDオリジナルコンテンツとして「ビジュアルコメンタリー(EPISODE:01)」のほか、「NG&未公開シーン集」や「ロングインタビュー集」、「オールアップ集」を収録。さらにParaviオリジナルストーリー「着飾らない恋には理由があって」ほか、豪華映像が盛りだくさん!合計5時間半超の大ボリュームとなっています。
封入特典のブックレットは、演出陣の各話解説“ディレクターズノート”を掲載!
“着飾る恋”をより深く堪能できる特典を揃えました!乞うご期待ください!

藤野駿くんと藤野くるみさんのFujiBalはみんなが憧れるキッチンカー

藤野駿くんが、葛藤と向き合い、大切な人とのすれ違いを経て、成長し、たどり着いた答えや選択の先に得た未来は、キッチンカーを営む多くの人から見ても間違いなく、憧れの姿の一つなのだと思います。

.

それは、
自分にとって拠点や帰る場所がありキッチンカーで日本のいろんな場所を訪れることができ出会った人々との良いご縁でキッチンカーの営業ができることや、
パートナーがキッチンカーの営業を理解してくれることだけでなく、手の空いたときは手伝ってくれるほど自分の仕事を応援してくれること
地元の新鮮な食材を使って料理の腕を振るえることができて、そして食べてくれたお客様からたくさんの喜びや感謝をいただけること
そんな素敵なキッチンカー運営が何年も続き、何より、家族と過ごせる時間が幸せで、笑顔がいっぱいでいられること

.

不器用だけど自分の気持ちにまっすぐな藤野駿くんが、キッチンカーの運営をしながら、素敵な恋愛をしている、フードトラックカンパニーもおすすめのドラマです。

.

藤野駿くんと藤野くるみさんたちみたいな幸せなキッチンカーオーナーさんが日本中に増えるように、もっともっとがんばっていきたいと私たちもたくさん勇気をもらったドラマでした。

ご視聴ください。

着飾る恋には理由があってDVDBOX

 

.

文・フードトラックカンパニー 松本竜太

.

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事