東京都府中市の北野様の「メキシカンタコス」のキッチンカーを製作させていただきました。

製作させていただいた種類は「キッチンボックス350」です。

製作させていただいたキッチンカー

北野様のキッチンカーのメニュー

この投稿をInstagramで見る

 

Sierra Kitchen(@sierra_kitchen_)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

Sierra Kitchen(@sierra_kitchen_)がシェアした投稿

  • メキシカンブリトー
  • ケッサディーヤ
  • ナチョチップス
  • フライドポテト

出店されている様子の写真

この投稿をInstagramで見る

 

Sierra Kitchen(@sierra_kitchen_)がシェアした投稿

北野様のキッチンカーの仕様

ベース車両:SUZUKI キャリー 内装:キッチンボックス350
左側面:販売窓、跳ね下げ式カウンター 右側面:出入り口ドア
サイドスカート:なし 後方:販売窓
デザイン:塗装あり 走行時電力供給システム:無し

北野様がBS朝日のテイバンタイムズに出演しました

 

フードトラックカンパニーからの北野様へのインタビュー

キッチンカーを始められたきっかけを教えてください

私は普段看護師をしており調理の経験はないのですが、調理のできる友人がコロナの影響で仕事が少なくなっていたことで手伝ってくれることになりキッチンカーを始める事にしました。

また、小さい子供が2人いるため公園によく行くのですが子供も喜ぶちょうどいいおやつがなかなかなかったので自分で始めようと思いました!

キッチンカーの営業を始められてまだ営業は数回という事ですが現状はどうでしょうか?

私の地元(府中市)ということもあり知り合いからの口コミで徐々に買っていただいています。
オペレーションの面では車内の台の配置や看板の置き方など始める前には分からなかった課題が見つかり日々改善しております。

出店場所の一つにスーパーの裏に出店しているのですが、メキシカンブリトーは珍しくすぐには買っていただけないのですが何度かキッチンカーを見ていただくことで興味を持って買っていただけるようになるなどお客様も増えて楽しいです。

メキシカンブリトーをメニューに選ばれた理由があれば教えてください

学生時代7年間アメリカのカリフォルニアに留学しており、現地で幾度となく食べていたメキシカンブリトーが大好きだったので日本でも本場の味を再現して食べたいと思いメキシカンブリトーに決めました。

今後の目標を襲えてください

看護師の仕事を続けているため週2回ほどしか出店できていませんが、今後は友人やバイトを雇い自分がいなくても稼働できる状態にしていきたいです。

フードトラックカンパニーからのメッセージ

なんと副業でキッチンカーを始められた北野様。

メキシカンブリトーの由来も素敵でした。

今後とも美味しいメキシカンブリトーを広めてください。

応援しております!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事