広島市安佐北区佐藤真様のおでんとカレーのキッチンカーを製作させていただきました。

製作させていただいた種類は「キッチンボックス1500」です。

製作したキッチンカー・移動販売車

佐藤真様のメニュー

出店されている様子の写真

この投稿をInstagramで見る

 

どうらく(@douraku1018)がシェアした投稿


佐藤真様のキッチンカーの仕様

右側:なし 後ろ:出入り口
看板用金具:あり バックカメラ:あり
塗装:一色塗装 換気扇フード:あり
発電機:1500W リチウムイオンバッテリー:あり

フードトラックカンパニーからのインタビュー

キッチンカーを始められたきっかけを教えてください

広島で創作おでんのお店をやっているのですが、イベントに呼ばれることが多かったんです。トラックを借りたりして参加していたのですが、それならいっそキッチンカーがあった方が良いのではないかなと思いまして。そこにコロナの流行があって更にキッチンカーの需要が高まったのが後押しになりました。

キッチンカーのこだわりのポイントは何でしょうか?

フードトラックカンパニーさんのアドバイスもあって、シンプルな内装にしました。イベントによってメニューの需要も違うことがあるじゃないですか。だから、いろんなメニューに柔軟に対応できるようにしようと。

メニューの一押しポイントについて教えてもらえますか?

おでんは鶏ガラ・鰹節・昆布で出汁を取り、家では食べられない味を提供しています。具材も湯葉やイカスミを使ったもの、色とりどりの野菜など豊富な種類を取り揃えています。柚子胡椒を薬味として付けているので、そちらも楽しんでもらえたらと思います。

また、こだわりのスパイスカレーも提供しているのでそちらもぜひぜひお試しください。

キッチンカーで叶えたい夢や目標はありますか?

実は、広島にはおでん文化があまりないので、まずは広島のおでんの需要を広めたいなと考えています。

また、よく声をかけていただくイベントは日本酒のイベントが多いので、日本酒にはここのおでんが合うって言われたら嬉しいなと思います。

最終的には、このイベントにはこのキッチンカーと思っていただけるような地域に密着したキッチンカーを目指したいです。

これからキッチンカーを始める人への応援メッセージをお願いします

キッチンカーの開業は初期費用も含めて勇気がいると思います。

でも、自治体の補助金や制度など支援策は色々ありますから、ぜひ一度調べてみてはどうでしょうか。

フードトラックカンパニーからのメッセージ

今後とも応援しております!!

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事