愛知県高浜市DOLCETTO Shusha(ドルチェット シュシャ)様のクロッフルのキッチンカーを製作させていただきました。

製作させていただいた種類は「キッチンボックス350」です。

製作したキッチンカー・移動販売車

DOLCETTO Shusha様のメニュー

出店されている様子の写真

この投稿をInstagramで見る

 

shusha(@shusha.dolcetto)がシェアした投稿

 

DOLCETTO Shusha様のキッチンカーの仕様

右側:ドア 後ろ:販売窓
サイドスカート:なし 看板用金具:なし
バックカメラ:あり 発電機:あり
塗装:全塗装あり

 

フードトラックカンパニーからのインタビュー

キッチンカーを始められたきっかけを教えてください

うちは店舗があるのですが、コロナの影響を感じている中、待っているだけではこの状況を打破できないと感じていました。

私自身、過去にキッチンカーの経験があり、楽しかったという思いとキッチンカーに対して憧れがあったので、社長に相談したところ OK をいただくことができました。

そこで、フードラックカンパニーさんのキッチンカーで挑戦してみようと。

キッチンカーのこだわりのポイントは何でしょうか?

このキッチンカーのコンセプトはお菓子専門であることですが、今後は惣菜系も考えています。
自分のこだわりというよりも、お客様がこれが食べたいという気持ちをくみとれるようなメニューを考えて販売していきたいと思っています。

商品をお渡しした時のお客様の笑顔が一番の活動源ですからね。

キッチンカーで叶えたい夢や目標はありますか?

今後は個人パーティや結婚式などの2次会に呼んでいただいたり、大きなイベントに出店していけたらと思います。
ウェディングケーキの相談を受けたり、お客様にこんなケーキやスイーツを出したいと相談してもらえるようなキッチンカーになれたらすごく嬉しいです。

これからキッチンカーを始める人への応援メッセージをお願いします

何事もですが、諦めないでほしいです。
やってみないとわかりませんから。

私の場合は、周囲の人たちに助けられたのがとても大きかったです。
そういう意味でも、ときに周囲の助けに感謝しながら前に進むことはとても重要だと思います。

フードトラックカンパニーからのメッセージ

今後とも応援しております!!

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事