どちらがお得?キッチンカーで使う発電機と蓄電池の比較まとめ

キッチンカーで使うなら発電機と蓄電池の比較

いろいろな場所に出かけていって営業をおこなうキッチンカーでは、これまで発電機が使われることが多く、キッチンカーの電源としては一強の座にありました。

2020年には、リチウムイオンバッテリー(蓄電池)製品の多様化が進み、①コンパクトサイズ化②大容量化③販売価格競争が始まり、高性能なリチウムイオンバッテリーが個人でも購入しやすい価格まで下がってきています。

2021年秋頃から国際的な原油価格の高騰により、ガソリン代が高くなったこともニュースなどでも話題になっています。

特にリチウムイオンバッテリーは、より高性能な製品が次々と発売されていますので、キッチンカー運営の視点で、発電機とリチウムイオンバッテリー(蓄電池)の燃料代等を比較するポイントについて解説していきたいと思います。

発電機と蓄電池の比較(結論)

具体的な解説は少し難しい内容になるので結論を先に書きます。

キッチンカー運営における蓄電池と発電機の比較の結論

 

  1. リチウムイオンバッテリーの価格低下により、発電機と蓄電池の市場価格はおよそ同価格帯になっている
  2. ガソリン価格によるが、発電機の燃料代は、蓄電池よりも約3.1倍高く、蓄電池の電気代は、発電機よりも3分の1程度安い
  3. 発電機は燃料を給油をすることで無制限に電力供給ができるが、蓄電池は蓄電池容量が使える電気量の上限(蓄電池を複数個使うこともできる)。

発電機の燃費効率 解説

発電機

サンプルとして、フードトラックカンパニーがおすすめしているヤマハ発動機「EF1600iS」の性能で説明していきます。発電機の中で、他のメーカーと比較しても静音性が高いことがおすすめの理由です。

定格出力1.6KVA (1,600VA)
※VA=ボルトアンペア
定格電圧100V
定格電流16A
燃料タンク容量(赤レベル)4.2L
連続運転時間(赤レベル)約10.5~4.2時間
(1/4負荷 *2 ~定格負荷)

 

YAMAHAのEF1600isは、1600VAの出力を4.2Lの無鉛ガソリンを使って4.2時間〜約10.5時間(負荷による)、出力ができる仕様となっています。
(タンク容量と使用時間が4.2時間と4.2Lなのはたまたまで関係性はありません)

全国の標準的なレギュラーガソリン価格を170円/L(消費税込)とした場合、1回の満タン給油は714円になります。つまり、YAMAHAのEF1600isでは、1600VA × 4.2時間 の電気を作るために714円かかる計算です。1600VA×1時間の場合は170円です。

170円×4.2L = 714円
なので、
1600VA×1時間 = 170円

なお、VA(ボルトアンペア)とは、電気量の論理値を示しています。言い換えれば「家電がどれくらいの電力を消費するかは知りませんが、EF1600iSとしては運転中に1600VAの電力を発電しているんです」という意味になります。

リチウムイオンバッテリー(蓄電池)の燃費効率 解説

蓄電池01

次に、リチウムイオンバッテリー(蓄電池)の燃費効率について計算していきます。
サンプルとして、フードトラックカンパニーがおすすめしているEcoFlow Technology Japanの「EF DELTA」の性能で解説していきます。販売価格に対して蓄電容量が大きいことと、短時間での充電ができることがおすすめの理由です。

容量1260Wh
寿命800回以上(80%+)
AC出力(x6)合計 1600W ( サージ 3100W),
100V AC (60Hz/50Hz)

蓄電池は、電気を貯めて電気を出力するための装置ですので、インプットするエネルギーも電気です。
ソーラー充電をすれば燃料代は0円!……としたいところですが、キッチンカーの出店をするためには、計画的に安定して充電が必要になりますので、一般的な電気代を使って計算します。

東京電力の第3段階料金(電気をたくさん使ったときの電気代)が、1kWh辺り、30円57銭で使用することができます。

1kWh = 1000Wh = 30円57銭

なお、Wh(ワットアワー)とは実際の電気量のことです。言い換えれば「電化製品がどれだけ動いたかは知りませんが、実際に使われた電力はこれだけですよ」という意味になります。

蓄電池には「電力変換効率(電池に対して電気を出し入れするときのロス)」というものがありまして、インプット時、アウトプット時、それぞれ誤差がありますが約5%とされています。つまり、蓄電池に電気を貯めて使おうと思ったら、実際には約1.05倍の電気が必要で、使用するときには電気が5%ロスされる計算です。

EF DELTAの容量は1260Whです。1260Wを1時間使えるだけの電気量を蓄電できる、という意味です。

EF DELTAに1260Whを蓄電するときのコストは、40.44円になり(30.57円×105%×1260Wh÷1000Wh=40.44円)、EF DELTA 1260Whから取り出せる電力は1197Wh(1260Wh÷95%=1197Wh)ということになります。

30.57円×105%×1260Wh÷1000Wh=40.44円

EF DELTAの出力は1600Wまで使えますので「1600Wを使い続けた場合、44分53秒間使える蓄電容量」ということになります。

60分÷1600W×1197Wh=44分53秒

業務用冷蔵庫(コールドテーブル)の消費電力が200〜230W程度ですので、蓄電池の容量が1200Whの場合、5〜6時間使える計算になります。

すでにお使いの蓄電池や、検討中の蓄電池の容量表記がWhではなく、mAhとなっている場合は、次の計算式で変換をおこなってください。

Wh = (電圧)V× (バッテリー容量)mAh ÷1000

発電機VS蓄電池「燃費」の比較

発電機と蓄電池の燃費を比較していきます。使用する電気機器によって消費電力は違ってくるのですが、インバーターを通した電気出力だけに限って言えば、それぞれ同等となりますので、発電機と蓄電池の出力効率は同じとして比較します。

発電機1600VA×1時間:170円1000VAを1時間辺り 106.25円
蓄電池1197Wh : 40.44円1000Wh辺り  33.78円

ガソリン高騰の影響もあり、単純な燃料費だけを比較した場合、
発電機の燃料代は、蓄電池よりも約3.1倍高く
蓄電池の電気代は、発電機よりも3分の1程度安い、でした。

キッチンカーで使う発電機と蓄電池の「使い勝手」まとめ

蓄電池と発電機_活用方法
  1. リチウムイオンバッテリーの価格低下により、発電機と蓄電池の市場価格はおよそ同価格帯になっている。
  2. ガソリン価格によるが、発電機の燃料代は、蓄電池よりも約3.1倍高く蓄電池の電気代は、発電機よりも3分の1程度安い
  3. 発電機は燃料を給油をすることで無制限に電力供給ができるが、蓄電池は蓄電池容量が使える電気量の上限(蓄電池を複数個使うこともできる)。

発電機と蓄電池 使い勝手の比較

比較一般的な発電機
一般的な
リチウムイオンバッテリー
購入価格 約8〜13万円 約12〜18万円
出力1600W 対応 対応
移動中の使用× 危険 要固定
連続運転 連続運転できる、上限なし
 ガソリンの確保が必要
 蓄電容量が上限
 出店場所でも充電できる
 充電時間がかかる
燃費1000Wh辺り 約106.25円 約33.78円
騒音(dB) うるさい
51〜80dB以上
 0dB
換気 必要 必要
適正温度5℃以上0〜35℃
その他・発電量は製品によって異なる
・キッチンカーでは静音性も重要
・ガソリンの適切な管理が必要
・自分が持ち運べる重さ以下で選ぶ
・容量が多いと選択肢が広がる
・複数個あると容量が増える
・充電にかかる時間も重要
・自分が持ち運べる重さ以下で選ぶ

 

キッチンカーで使うなら発電機と蓄電池の比較

キッチンカーの開業セミナー!

キッチンカーを開業する前に、キッチンカーを見学しながら、キッチンカーの開業や運営について質問してみませんか!?

キッチンカーの開業に必要な知識や情報が全て手に入ります!

【開業セミナーの会場と日程】

20名様限定開催!

5月24日(火)10時~13時 in 東京
5月24日(火)14時30分~17時30分 in 東京
5月25日(水)10時~13時 in 東京
5月26日(木)10時30分~13時30分 in 名古屋
5月27日(金)10時~13時 in 大阪
5月27日(金)14時30分~17時30分 in 大阪
5月31日(火)10時~13時 in 東京
5月31日(火)14時30分~17時30分 in 東京
6月1日(水)10時~13時 in 東京
6月2日(木)10時30分~13時30分 in 名古屋
6月3日(金)10時~13時 in 大阪
6月3日(金)14時30分~17時30分 in 大阪


キッチンカー個別見学

キッチンカーの個別見学

【4種類のキッチンカーを見学&試乗して、最適なキッチンカーを選ぶ】


新車キッチンカーが頭金0円で月額29,460円〜のローンで購入できます!

キッチンカーの初期費用を安くおさえるためのフードトラックカンパニーローン

キッチンカーの初期費用を安く抑えるフードトラックカンパニーローン


東京都の飲食店がキッチンカーに業態転換すると100万円の助成金!?

2020年4月23日に発表され予算終了時点で募集終了になりますので、お早めにご確認ください!

東京都の飲食店がキッチンカーに業態転換すると100万円の助成金


キッチンカー開業の動画セミナー!

テレビやYouTubeを観るようにキッチンカー開業の動画セミナーを受講しませんか!?

インターネット生放送の動画セミナー参加者限定の、キッチンカーの詳細説明動画が閲覧できます!

【キッチンカーの動画セミナーの開催日程】

5月25日(水)10時〜12時
5月26日(木)19時〜21時
5月28日(土)10時〜12時
6月1日(水)10時〜12時
6月2日(木)19時〜21時


コロナの影響でキッチンカーの需要は下がるのか?上がるのか?

2019年に中国の武漢で発生した「新型コロナウイルス」がキッチンカー業界に与える影響についてまとめました。

コロナがキッチンカーに与える影響

人々がオフィス外からベッドタウンに移ったことと、巣篭もりをしていることでキッチンカーの役割に変化が起こっています。