ソフトクリームのキッチンカー(移動販売)を始めるために知っておきたいこと

日本で販売されるようになってから、もうすぐ70年を迎えようとしているソフトクリーム。老若男女を問わず人気なスイーツですが、実はソフトクリームという呼び名は日本でつけられた、なんてことは意外と知られてないかもしれませんね。とはいえ、人気があることは間違いなく、カフェメニューや道の駅などでよく見かけるかと思います。今回はキッチンカー(移動販売)でソフトクリームを安全に販売する方法をお伝えします。

ソフトクリームをキッチンカーで販売するには

街中でよく見かけるソフトクリームですが、実は大きく分けて二つの製法があります。

一つ目は「ソフトクリームフリーザー」と呼ばれる機械に液体原料を投入し、レバーを操作して絞り出す製法です。自分が販売したいオリジナルの味はもちろんですが、色々なフレーバーのソフトクリームミックス(液状やパウダー状)が販売されているのでそちらを利用することもできます。

二つ目は「カセット抽出器」(販売元によって名称は異なる)です。アイスが充填されたカップを機械にセットして押し出すタイプのもので、ジャンルは『ソフトクリーム』ではなく、『ソフトアイス』となります。
初期費用(機器関係)がソフトクリームサーバーを導入する場合と比較して、3分の1 以下でスタートできるということ、そしてロス率0%という点が非常に魅力的です。フレーバーも30種類以上あるようで、色々楽しめる点もよいですね。その一方でソフトクリームに比べて「食感」が劣り、利益率も低めです。

味や利益率では「ソフトクリームフリーザー」に軍配が上がりますが、キッチンカーでの販売となると問題が出てきます。

実は、くの保健所では「ソフトクリームフリーザー」によるキッチンカーでの販売に営業許可が下りないのです。
これは、
・過去に食中毒や赤痢の流行などがあったため
・乳製品であり、かつ加熱する訳ではないため、製造の取り扱いを誤ると菌が増殖しやすいため
・乳製品で基本的に消費期限の無いアイスクリーム類はそれゆえに長時間保存することにもなるため

などの理由で衛生基準が非常に厳しくなっているからです。

現在も許可が下りにくい状況に変わりはありませんが、現在のソフトクリームフリーザーはほぼすべてが加熱殺菌機能を備えており、ソフトクリームの移動販売での許可が認めてもらいやすくなる可能性はあるでしょう。
また、「アイスクリーム類製造業にあっては、市販の液状ソフトクリームミックスを原料とする自動加熱殺菌機能付ソフトクリーム製造機を使用したソフトクリームに限る。」(大阪府)というように自治体によっては条件次第で許可が認められる場合があるのでまずは管轄の保健所に問い合わせてみましょう。

冷却装置

移動販売をするにあたって一番大事なのは、お客様にアイスクリームを提供する環境つくりです。常温で提供できる商品ではないので、車体の大きさに合う冷却装置を揃える事から始まります。冷蔵庫・冷凍庫は、かなりの重量と場所大きさを必要としますから、キッチンカーのサイズを決めるより先に冷却装置をいくつかっピックアップするのもよい方法かもしれません。

さらに、ソフトクリームが人気の季節は夏であることを考えると、冷却装置は必須の装備ですからしっかり見極めていきましょう。

 

キッチンカーの購入はいつ?費用は?何からはじめればいい?


さぁ、キッチンカーで移動販売を始めよう!!と決心したのはいいけれどまず何から?キッチンカー?それとも法的手続き?とお悩みの方も多いかもしれません。

ここでは、法的手続きを優先することをお勧めします。
理由は、キッチンカーは施設であるため、公衆衛生上規定が定められているからです。
どんなに素晴らしい動線が確保できる車内であっても、調理するために考え抜かれた設備であっても、規定に準じていなければ営業許可はおりません。

営業許可は営業をしようと考えている地域を管轄している保健所で取得することができますから、まずは保健所へ行き、営業に必要な設備を確認しつつ職員さんに相談することから始めるのがよいでしょう。

もしくは、キッチンカーの専門製作会社であれば申請の代行を行ってくれるところがあります。また実績がしっかりとしている製作会社であれば、申請の相談を受けてくれるところがあるかもしれませんから、キッチンカーの専門製作会社で購入を考えているのなら、そちらに問い合わせるのも吉です。

車体を購入し営業できるようにするまで先行費用がかかります。

開業前の初期投資が十分出来るかは大切なポイントなので押さえておいてください。詳しくは、キッチンカー(移動販売車)を開業する11stepにまとめましたのでご覧ください。

 

ソフトクリームで必要なキッチンやシンク

作業スペースであるキッチンには水を流せるようにする必要があります。一般家庭のように食器洗浄機や収納スペースは必要ありません。
はじめにキッチンカー内を見た時、もしくは想定していた時に比べてでき上がったキッチンカー内を見ると、とても狭く感じるという話をよく聞くことがあります。
車両にキッチンやシンクをビルトインするので、もしかしたら、想像よりも窮屈に感じるかもしれませんね。
どうせだから大きいの方がよいのでは?と思いがちですが、資金とキッチンカーの車内には限界があります。何に比重を置くか、どのくらい販売できれば利益に納得できるのか、そのためにはどの装備がどのサイズ以上必要なのかを逆算していくと、あなたの納得できる城=キッチンカーを手に入れることができるでしょう。

また、キッチンやシンクの大きさも時には「既製品が使えない」といった問題が起こることも考慮し、キッチンやシンクを配置しましょう。

 

常備しておきたいミネラルウォーター

ソフトクリームなどの移動販売を行う際に、忘れてはいけない常備品があります。それは、ミネラルウォーターです。ミネラルウォーターは飲むだけではなく車内の衛生管理を保つ為にも使うことができます。
ソフトクリームの販売が他の商品に比べて規制が厳しいことは既述しました。
ソフトクリームを販売するには自動加熱殺菌装置のフリーザーであっても、機械の洗浄が義務付けられています。
しっかり洗浄して安心して販売に挑みましょう。

 

ドリンクメニューやサイドメニューを考える

子どもも大人も大好きなソフトクリームですが、問題点が一つあります。それは季節によって売れ行きが左右されるという点です。夏季はまさに入れ食い状態かもしれませんが、冬季の場合は街頭での販売で希望の売り上げを出すのはなかなか難しいと思います。
そこで寒い時でも売れるサイドメニューを考えておきましょう。
おすすめは粉もののスイーツです。たい焼きやワッフル、クレープなど小麦粉が主原料のものは原価が安いので利益が出やすいです。組み合わせて販売するのもよいでしょう。

ホットドリンクもおすすめです。アフォガードのようにコーヒーやエスプレッソをソフトクリームにかけてみたり、ココアや珈琲の上にトッピングとして乗せてみたりするのも喜ばれそうですね。

毎月同じ売り上げを出すことはとても困難です。日々の売り上げに一喜一憂しないためにも年間等で長期売り上げ目標を作って営業することをおすすめします。

 

開業前にはSNSで集客を行えばスムーズに開業に臨める

移動販売に欠かせないのが「リピーターとなるお客様をどのように集めるのか」がカギになります。集客率を向上させる為、SNSを活用してみましょう。連絡手段としては気軽で使えるLINEがおすすめですね。
Facebookページを土台に写真や情報を集め、拡散はTwitterやインスタグラムを使うと良いでしょう。
集客率を向上させる要素として永く商いをする為には、個性を生かして行けるかどうかが大事です。
極力頻繁に更新することも大事です。ちょっとした写真でもよいので継続してアップしましょう。

 

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

移動販売の試食見学会!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

【試食見学会の会場と日程】

20名様限定開催!

東京会場:12月18日(水)10時〜13時
大阪会場:12月20日(金)10時〜13時