中型のキッチンカー(移動販売車)の車種の紹介

中型キッチンカーの車種

クイックデリバリーのキッチンカー

中型車両のキッチンカーの代表的な車両として挙げられるのは「トヨタ・ダイナアーバンサポーター」です。この車はトヨタが「クイック・デリバリー」に適するように作られたウォークスルーバンで、天井の高いのが特徴であるこの形状は「ヤマト運輸」が天井の高い車両を要求したことから出来ました。ウォークスルーバンの利点である運転席から左側ドアや荷室(作業場)に、車内を容易に移動できる車です。このような作業効率の良い車体構造を生かし、簡易キャンパーや移動販売車両として活躍しています。

クイックデリバリーのキッチンカーを買いたいと思った方は、こちらのページも参考にしてください。

中型のキッチンカーの車種に適したお店

この車は車両から直接販売する、対面接客タイプです。その為手間がかからず短時間でお客にサービス出来る「たこ焼き」「焼きそば」等のファストフードや店から出来た商品を並べて販売する移動型の店売に適しています。

 

中型のキッチンカーファストフードに向いている!

最初の紹介で車内の移動が容易に出来るといった車です。その為作業場での小回りが非常に容易です。この作業効率を生かすことにより、ファスト―フードや店売の経営が容易なのです。実際に車内はコンロと接客する販売窓までの距離が非常に近く、作り立ての商品をすぐにお客に提供することが可能です。そしてファストフードに適している最大の理由としては、待ち時間のコミュニケーションです。非常にお客に近いこの販売方法は、待ち時間の際に常に対面しているので、そこでお客に暇を作らせないように会話をして不満を作らないことが出来ます。これはそんなに重要かと思われますが、経営者側からみたらこれは非常に重要です。

こういった移動販売店で大切なのは「迅速にサービスを提供する」という事です。つまり空き時間が空けば空くほどお客に対しての不満が多くなってしまいます。このようなすぐにサービス出来る商品を提供する際に対処しやすいのもファストフード経営をお勧めする理由です。

次に店売をお勧めする理由ですが、中型車両の特徴である小回りを用いて効率よく店との連係プレーが可能だという事です。ここでヤマト運輸の作業を思い出してみてください。会社からどんなに遠くても時間内に荷物の宅配を完了させています。このように物と会社(店)の間での移動や作業が迅速に進むことが出来るので、店売型の移動販売も細やかな作業から物(サービス)を提供する作業に至るまでの時間が非常に短縮化し、より広くの地域に店のアピールを実現することが出来ます。また大型の車両と違いコスト的にも非常に安価なので、お手軽に店外でサービス提供ができます。

クイックデリバリーのキッチンカー

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

東京都の飲食店がキッチンカーに業態転換すると100万円の助成金!?

2020年4月23日に発表され予算終了時点で募集終了になりますので、お早めにご確認ください!

東京都の飲食店がキッチンカーに業態転換すると100万円の助成金


コロナの影響でキッチンカーの需要は下がるのか?上がるのか?

2019年に中国の武漢で発生した「新型コロナウイルス」がキッチンカー業界に与える影響についてまとめました。

コロナがキッチンカーに与える影響

人々がオフィス外からベッドタウンに移ったことと、巣篭もりをしていることでキッチンカーの役割に変化が起こっています。


キッチンカー開業の動画セミナー!

テレビやYouTubeを観るようにキッチンカー開業の動画セミナーを受講しませんか!?

インターネット生放送の動画セミナー参加者限定の、キッチンカーの詳細説明動画が閲覧できます!

【キッチンカーの動画セミナーの開催日程】

7月8日(水)10時〜13時
7月15日(水)10時〜13時


キッチンカーの試食見学会!

キッチンカーの製作で失敗する前に、どの様なキッチンカーを作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

【試食見学会の会場と日程】

10名様限定開催!

大阪会場:7月10日(金)10時〜13時
東京会場:7月15日(水)10時〜13時
名古屋会場:7月16日(木)10時〜13時