移動販売車で雑貨屋を開業するのに抑えたいポイント

雑貨の移動販売を開業する

移動販売車の雑貨屋さん人気

みなさん移動販売と言うと何を思い浮かべるでしょうか?

中で見かけるキッチンカー(移動販売)では、ホットドッグ、ハンバーガー、焼き芋、サンドイッチ、からあげなど様々な種類で展開されています。その中でも、今人気を集めている雑貨屋さんについてご紹介させて頂きたいと思います。

雑貨屋さんで移動販売が出来るのかなと思われた方も多いのではないでしょうか。
実は雑貨屋さんには店舗型の雑貨屋さんにはない魅力がたくさん詰まっています。

  • 車両代金と設置費のみで運営出来るので最低限の初期費用で開業することが可能。
  • 立地を変えて、移動することが可能。
  • 扱う雑貨の種類の的を絞ることにより、市場での競合性を最小限に抑えることが可能。
  • 営業中の光熱費などがないため、燃費が抑えられる。

などが挙げられます。

まだちょっとイメージがわきにくい方は、一昔前、風鈴の移動販売が行われていた時代がありますが、あれをイメージして頂くと今回のテーマも分かりやすいかと思います。

飲食店の移動販売が多い昨今、雑貨屋さんの移動販売を見掛けたら、思わず何を販売しているのか気になりますよね。
そうなんです。
雑貨屋さんの移動販売は集客力抜群なんです 。
さらに、飲食の移動販売に比べて売れる時間帯を選びませんし、手芸・創作・体験などの独自イベント開催により、一見様を顧客化することができます。また商品と教室のW利益も見込めます。

雑貨屋さんにはまだまだこれ以上の魅力と可能性が秘められています。

そんな魅力溢れる雑貨屋さんを始めるには何から準備をすれば良いのでしょうか?

 

雑貨屋さんの移動販売を始める為の準備

では移動販売にて雑貨屋さんを経営していく為には、まず何を揃えていけば良いかを考えていきましょう。始めにあなたが何を販売していきたいのかを明確にすることが大切です。
何でも良いのでとりあえず雑貨というのでは売れるものも売れません。

海外輸入雑貨を扱うケース

まずは海外からの輸入ルートを確保します。中国系サイトからの輸入は安価でリスクが少ないです。勝負したい市場の調査を行い、競合しない商材選びをしましょう。

海外製の商品は日本人受けしやすいお洒落な小物が多いので、一見様をいかに丁寧に接客し、魅力を伝えてリピートしてもらえるかが売り上げ作りのポイントです。移動販売をしながら、ネットショップも展開したいと考えるならば、机とパソコンさらにインターネット環境を整える必要もあります。また、流行りの商品を多くはなくてもよいので目玉商品の一つとしてそろえておくのもよいですね。

ハンドメイド雑貨を扱うケース

ハンドメイド雑貨には他にはない、言わばオリジナルブランドとしての価値も秘められています。人気に火が付くようであれば、特許の申請も視野に入れましょう。このスタイルは他業種との組み合わせが良く、例えば「お手持ちのぬいぐるみ直します」と看板を出しておけば、修理屋さんも兼ねて運営していくことが可能です。この場合は、機材として裁縫道具や修理用のミシンが必要です。

ご当地限定品を扱うケース

まずは日本全国で何がご当地品として売れているのかをリサーチします。このスタイルはどれだけ情報収集し、データを分析出来るかが売り上げ作りのポイントになります。

ご当地限定品でもキーホルダーから食器、置物、文房具など様々な種類がありますが、全てを組み合わせるのは難しい為、的を絞りましょう。ご当地ごとのPOPは気合いを入れて作るべきなので、文房具はもちろんのこと目立つのぼりや看板は多数揃えて積んでおくほうが良いと思います。

一緒に飲食物を取り扱うケース

最近では、雑貨と焼き菓子や、コーヒーを一緒に取り扱っている移動販売を見かけることがあります。雑貨を楽しみながらほっとブレイクタイムなんて素敵ですよね。
ただし、飲食物を取り扱う場合には食品衛生法上、保健所の許可が必要になります。保健所によって許可の規定が異なりますので注意が必要です。将来的に飲食物を取り扱おうと考えているのなら、移動販売車を購入する前に一度その地域を管轄する保健所へ相談した方が良いでしょう。

古着やアンティークなどを扱うケース

アンティーク雑貨、古着、古本、中古家具、中古ゲーム、その他リサイクル品など、古物を買取して販売するのも面白いですよね。しかし、その場合は古物商許可申請を取る必要があります。また、古物商許可は営業所が必要になり、状況によっては許可が下りない可能性があるので、古物商専門の行政書士や警察に事前に相談することをおすすめします。

【参考】警視庁「古物商許可申請」
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/tetsuzuki/kobutsu/tetsuzuki/kyoka.html

まずは、

魂を込めて売りたいと思う雑貨を決めて下さい。

どんな商材で勝負するのかにより、準備すべき機材・道具も変わってきますので熟考して下さい。

 

雑貨屋さんのおすすめのグッズ

では数ある移動販売の雑貨屋さんの中でも、おすすめのグッズを紹介させて頂きます。

アクセサリー

この場合のアクセサリーは既製品でもハンドメイドでも構いません。カップルや家族連れが多い場所での販売をおすすめします。

平均単価は3000円辺りを狙い、数を多く売るスタイルになりますが、女の子が「可愛い」と思える商材を多く並べることが出来れば、連れて来られた男性は買うしかありません。

デートの記念に買ってもらえるケースが多いと思います。

生活雑貨

タオル・鍋・やかん・フライパンなど生活する上で必要な物であれば、そこに必ずニーズはあります。どちらかというと、価格訴求というよりは品質訴求の方向性が好ましいです。
海外製のお洒落な鍋や綺麗なポットなんかがあれば、オシャレなマダムがいそうな町では売れるでしょう。考えているだけでも楽しいのが雑貨屋さんの魅力でもありますね。

どんなに良い商材を手に入れても、売れない客層には売れません。
自分の商品が売れる客層がどの地域なのか、これを知ることが一番大事なことです。若者が多い場所がむいているのか、家族連れが多い場所が向いているのか、それがわかれば後は移動して販売するだけです。雑貨の有名な場所で販売するのはもちろんですが、逆に「下北沢から来ました!」なんてオシャレで有名な地名をうまく使うのも有効ですね。

 

雑貨屋さんでおすすめの移動販売車

ではここで、実際に雑貨屋さんとして移動販売していくには、どんな車で営業していけば良いのかを考えていきましょう。単純にアクセサリーなどの小物雑貨を扱う場合はやはり軽のトラックやバンをおすすめします。

何よりも燃費がいいので、遠くへ出向いて営業する際にも経済的に優しいです。住宅街などにお客様からの依頼があり、訪問販売されている先輩キッチンカーの方もいらっしゃるので、そんな時はやはり小回りの利く軽のトラック、またはバンが最適だと思います。車両本体の価格も安く、維持費もあまりかからないのでお勧めです。

前述した生活雑貨を扱いたいという方は、やはり商品数が物を言うことになりますので、中型以上のフォルクスワーゲンのタイプⅡなどがおすすめです。営業スタイルがどっしり構えて型か、小回り利かせて走る型かよく見極めましょう

先輩キッチンカーの紹介!

今回も移動販売車の先輩たちをご紹介させて頂きます。静岡県で活躍されている『COЯEM』様です!
2006年、カフェを諦め雑貨屋だけでスタートし、2017年に念願の雑貨とカフェの営業をキッチンカーで始められました。鹿のオブジェが目印の素敵なキッチンカーがみなさんを出迎えてくれます。特製の「エプロン」や「ハンカチ」「10万円ンカレンダー」など、オリジナル商品が大人気だそうです。

https://corem.amebaownd.com/

雑貨の移動販売を開業する

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

移動販売の試食見学会!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

【試食見学会の会場と日程】

20名様限定開催!

東京会場:12月18日(水)10時〜13時
大阪会場:12月20日(金)10時〜13時