移動販売車(キッチンカー)でロコモコを始めるには?

移動販売車(キッチンカー)でロコモコを始めるには?の写真1

あなたは、ハンバーグがお好きですか?
今も昔もハンバーグは人気のメニューの一つです。

そのハンバーグに目玉焼きを乗せ、グレイビーソースをかけたものがロコモコになります。そしてご飯の上に乗せればロコモコ丼になります。
※グレイビーソースとは、調理されたお肉から出る肉汁を元に作られるソースです。

ハワイ(ハワイ島)で日系2世の方によって発案されたとされるロコモコ、そんな日本とも関係の深いロコモコを移動販売車(キッチンカー)で販売する方法や、必要な準備についてご紹介します。

移動販売車(キッチンカー)で人気のメニューとは?

移動販売車(キッチンカー)でロコモコを始めるには?の写真2

移動販売車(キッチンカー)を始めるにあたり、とても大切なことがあります。

それは、どこで販売するか? どんなメニューにするか?です。

場所とメニューがマッチしてないと、移動販売車(キッチンカー)は上手くいきません。

例えば、
ビジネス街のランチタイムですと、ズバリ『肉』です!

グリルチキン、唐揚げ、ステーキ(ビーフ・ボーク・チキン)、豚丼などなど、肉料理は大人気です。

ハンバーグも肉! 最近、大豆で作ったヘルシー系も流行っていますが、普通にお肉のハンバーグで、更に少し変化を加えたロコモコは、ニーズにマッチしています。

ロコモコのランチ販売で大切なこと

移動販売車(キッチンカー)でロコモコを始めるには?の写真3
上記のメニュー選びにも大きく関係するのですが、
移動販売車(キッチンカー)でランチ販売をする時に大切なことが一つあります。
それは、オペレーションです。

あなたが商品を提供するまでにどのくらいの時間がかかるかです。

特にランチタイム。
普通のサラリーマンさん、OLさんは、お昼時間は1時間です。

社内から、買いに行く時間もあるので、40分くらいしかありません。
1分1秒でも、時間が惜しいので、3分以上かけたらアウト。敬遠されてしまいます。
(一度は買ってもらえても、リピートはしてもらえないでしょう)

オーダーから商品のお渡し、会計まで、1分で出来るようにするのがベストです。

例、3分と1分で1時間(60分)営業した場合(ロコモコは700円)

60分÷3分オペレーション=20杯
60分÷1分オペレーション=60杯

700円(ロコモコ)× 20杯 =14000円
700円(ロコモコ)× 60杯 =42000円

これはお客様にとってもあなたにとっても良いことだと思います。

チェーン店のカレー屋さん、牛丼屋さんのようにスムーズなオペレーションにできるようにするといいですし、またロコモコは、それが可能だと思います。

普通のハンバーグよりもロコモコがおススメな理由とは?

移動販売車(キッチンカー)でロコモコを始めるには?の写真4

今回、普通のハンバーグではなく、ロコモコをおススメしているのには、理由があります。

ロコモコで売り出すことにより、ハワイ関連の物も売れます。

例えば、コナコーヒー、コーヒーもそうですし、コーヒー豆も売り出せます。またマラサダを置いてもいいかもしれません。
※マラサダは外側はカリッ、内側はふんわり食感の揚げパンです。ハワイのロコスイーツとして人気があります。

客単価と売上げアップを狙いたいところです。

原価と儲け(粗利率)を計算

移動販売車(キッチンカー)でロコモコを始めるには?の写真5

原価とは、商品を作るのにかかった費用のことです。

材料費だけを差すこともあるようですが、ここは商品を作るのにかかったすべてを原価として考えます。

原価=材料費+加工費+経費

また、儲け(粗利率)も計算しないといけません。

儲け(粗利率)=商品の価格-原価

移動販売は、店舗費用や人件費などが抑えることができますが、こだわり過ぎて材料原価が上がり、思ったよりも儲かっていないなんてことがないようにしたいですね。

包材なども、オシャレな物はやはり高くなってしまいます。

包材、あなたの人件費も含め、一食あたり、いくらになるのかしっかり計算してくださいね。

移動販売車(キッチンカー)の良さとは?

移動販売車(キッチンカー)でロコモコを始めるには?の写真6

原価のことがでたので、移動販売車(キッチンカー)のお金に関することも触れたいと思います。

移動販売車(キッチンカー)の最大のメリットは、開業資金が安いことです。

移動販売車(キッチンカー)は、安い所だと250万円~から始められます。
もちろん、250万円は安くはないですが、路面店は開業するのに1000万円近くかかります。

移動販売車(キッチンカー)の場合、その場所が売れなかったり、ライバルが多かったりすれば、違う場所に移動できますが、路面店ではすぐには撤退が難しいです。

そして、もしお店を閉めることになったとしたら、路面店は原状回復費といって、お店を元の空の状態にしなければならなく、そこにもお金が掛かるのに対し、移動販売車(キッチンカー)は売ることができ、お金を手にして辞めることができます(移動販売車の市場があります)。

移動販売車(キッチンカー)は飲食を始めたい方にとって、かなりハードルが低いと思います。
色々不安な方は、最初は、レンタルで借りて様子をみるのも良いかもしれません。

移動販売車(キッチンカー)開業に必要な資格と許可

移動販売車(キッチンカー)でロコモコを始めるには?の写真7

イメージが掴めてきましたか?

「よし、ロコモコを始めよう」と思った方、もう一つ大切なことがあります。
それは、移動販売車(キッチンカー)開業する際に必要な資格と許可です。

飲食を営業するには「食品衛生責任者」の資格と「移動販売車(キッチンカー)」の申請が必要です。

調理師や栄養士の資格がない方は、保健所が実施する講習会を受講しましょう。
6時間程の講習を受け、テストに受かれば取得できます。
※都道府県によって違います。

移動販売車(キッチンカー)につきましても保健所の担当者が立会い、車両設備の検査でOKがでないとダメなので、申請の前に準備しておくことが必要です。

場所探しはお宝探し!?

移動販売車(キッチンカー)でロコモコを始めるには?の写真8

あれこれ準備すると同時に場所探しもしておきましょう。

移動販売ではないのですが、大阪のたこ焼き屋さんが億を超える脱税で話題になりましたね。
移動販売車(キッチンカー)に興味を持たれた方は、もうすでに、ここで商売出来たら、売れるのでは?と思ったからだとは思いますが、候補場所は、多い方がいいと思います。

お宝探しだと思って、良い場所を探してください。

人通り、年齢層、男女比など、ロコモコとマッチしそうな場所、イベント出店も考えている方はイベントの集客力やライバルの数やジャンルなども調べておくといいと思います。

最後に

移動販売車(キッチンカー)でロコモコを始めるには?の写真9

いかがでしたか?

ロコモコの可能性、みえてきましたか?

移動販売車(キッチンカー)での人気メニューはお肉ロコモコは十分に勝算がある
と思います。ロコモコにプラスワンして、しっかり単価アップも狙ってください。

あなたの作る美味しいロコモコで、ハワイの青空のようにお客様を笑顔に元気にしていけたらいいですね。

移動販売車(キッチンカー)でロコモコを始めるには?の写真1

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

東京都の飲食店がキッチンカーに業態転換すると100万円の助成金!?

2020年4月23日に発表され予算終了時点で募集終了になりますので、お早めにご確認ください!

東京都の飲食店がキッチンカーに業態転換すると100万円の助成金


コロナの影響でキッチンカーの需要は下がるのか?上がるのか?

2019年に中国の武漢で発生した「新型コロナウイルス」がキッチンカー業界に与える影響についてまとめました。

コロナがキッチンカーに与える影響

人々がオフィス外からベッドタウンに移ったことと、巣篭もりをしていることでキッチンカーの役割に変化が起こっています。


キッチンカー開業の動画セミナー!

テレビやYouTubeを観るようにキッチンカー開業の動画セミナーを受講しませんか!?

インターネット生放送の動画セミナー参加者限定の、キッチンカーの詳細説明動画が閲覧できます!

【キッチンカーの動画セミナーの開催日程】

6月10日(水)10時〜13時


キッチンカーの試食見学会!

キッチンカーの製作で失敗する前に、どの様なキッチンカーを作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

【試食見学会の会場と日程】

10名様限定開催!

大阪会場:6月12日(金)10時〜13時
東京会場:6月17日(水)14時半〜17時半
名古屋会場:6月18日(木)10時〜13時