たこ焼きのキッチンカーは儲かる!?売り上げ900万円も可能!初期費用は554万円!

たこ焼きのキッチンカーは儲かる!?売り上げ900万円も可能!初期費用は554万円!

「たこ焼きのキッチンカーって、よく見るけど儲かるの?」

「キッチンカーでたこ焼きを売ってみたら、いくらぐらい稼げるものなの?」

「たこ焼きのキッチンカーを開業しようと思ったら、資金はいくら準備しなければならない?」

こんな疑問を持っていませんか?

その気持ちはよく分かります。なぜなら、私自身がキッチンカーの開業準備を進めていたときも、いくらぐらい売れて、いくらぐらい儲かって、いくらぐらい最初にお金が必要なのか、は最も気になったことの一つだからです。

飲食業の経験すらない状態から、独学でキッチンカーを開業した経験のある私が、現実的な数値からたこ焼きのキッチンカーが儲かるのか?をシミュレーションした結果をまとめました。

この記事では、

  • 1年間でたこ焼きのキッチンカーの売り上げはいくらになるのか?
  • たこ焼きを販売するキッチンカーは1年間で何万円くらい儲かるのか?
  • たこ焼きのキッチンカーを開業するために必要な初期費用の金額

をお伝えします。

この記事では、たこ焼きのキッチンカーが儲かるのか?はもちろん、1年間営業したときの売り上げ・年収(収入・利益)・初期費用の具体的な金額を学べるので、ぜひ最後までお読みください。

たこ焼きキッチンカーが儲かるかをシミュレーション

売り上げシミュレーション

たこ焼きのキッチンカーを営業すると1年間でどれくらい儲かるのかを、一定の条件を設定しシミュレーションしました。どれくらいの単価で1日に何人集客して、1年間に何日営業すれば、年間売上金額・年収・月収がいくらぐらいの金額になるのか参考にしてください。

週5日稼働で売り上げ912万円も可能

たこ焼きのキッチンカーは週5日稼働で売り上げ912万円も可能

まずたこ焼きキッチンカーの1年間の売上金額を算出するために、各種項目について以下の条件を設定しました。

  • メニューごとの平均単価:たこ焼き 650円・ソフトドリンク 200円
  • 購入比率:来客者の90%がたこ焼き、10%がソフトドリンクを購入する
  • 稼働日:毎週5日間(土日と平日のうち3日)
  • 年間稼働日:土日 104日(52週×2日/週)、平日 156日(52週×3日/週)
  • 来客数:土日 100人・平日 30人

1日あたりの売上金額を土日と平日に分けて、以下の通り算出しました。

  • 土日1日の売上金額:たこ焼き 650円×90人+ソフトドリンク 200円×10人=6万500円
  • 平日1日の売上金額:たこ焼き 650円×27人+ソフトドリンク 200円×3人=1万8千150円

1年間を通して土日は104日、平日は156日営業するので、年間の売上金額は以下の通りになります。

  • 年間売上金額=6万500円×104日+1万8千150円×156日=912万3千400円

※平均単価:605円、平均原価:150円、平均原価率:24.8%

たこ焼きのキッチンカーを1年間実際に営業した場合には、今回の設定条件とは異なる数値になる可能性が高いでしょう。それでも、土日100人・平日30人を集客できれば、たこ焼きのキッチンカーで年間900万円を超える売り上げを上げられる可能性があることが分かりました。

週休2日で年収420万円(月収35万円)

たこ焼きのキッチンカーは週休2日で年収420万円(月収35万円)

上で算出した売上金額を基に、1年間の年収(利益・収入)と月収を計算するために、たこ焼きのキッチンカー運営に必要な経費を以下の通り設定しました。

  • 原価:たこ焼き 162.5円(平均単価の25%)・ソフトドリンク 40円(平均単価の20%)
  • 出店料:売上金額の10%
  • バイト人件費:土日のみ1名を1日8,000円で雇用
  • その他雑費:売上金額の10%(車両交通費など)

この条件で計算した、たこ焼き販売キッチンカーの年間運営経費と先ほど算出した売り上げから、年収(利益・収入)と月収を求めた結果は以下の通りです。

  • 原価:226万5千770円
  • 出店料:91万2千340円
  • バイト人件費:83万2千円
  • その他雑費:91万2千340円
  • 年収(利益):420万950円(年間売上金額-原価-出店料-バイト人件費-その他雑費)
  • 月収:35万79円

たこ焼きのキッチンカーを実際に1年間運営した場合には、それぞれの数値は今回のシミュレーション結果とは異なると考えられますが、たこ焼きのキッチンカーを運営すれば年収420万円を稼げる可能性があることが分かりました。

売り上げに関係する客単価・来客数・稼働日数などを今回の条件よりも大きくして、経費に関係する原価・出店料・バイト人件費などを小さくすれば、たこ焼きのキッチンカーで稼げる金額をさらに大きくすることも可能です。たこ焼きに限らず、キッチンカーを運営する人の年収・月収や収入アップのコツについては、以下の記事で詳しく解説しています。

» キッチンカー事業者のリアルな年収・月収と収入アップのコツ9選

キッチンカー事業者のリアルな年収・月収と収入アップのコツ9選

2022.08.01

儲かるたこ焼きキッチンカーの初期費用は554万円

儲かるたこ焼きキッチンカーの初期費用は554万円

1年間で912万円を売り上げてたこ焼きのキッチンカーでも受けるために必要な初期費用は554万円です。開業に必要な設備一式を購入するための「設備購入費」と開業して間もない時期の運営に使う「開業直後の運営費」に分けて、それぞれの内訳を解説します。

※費用は全て消費税・諸税込の金額で表示しています。

キッチンカー・調理器具一式の購入費:341万円

たこ焼きキッチンカーの開業に必要となる、キッチンカー車両・調理器具一式(たこ焼き器など)をそろえると「設備購入費」として341万円が必要です。どのような設備にいくらくらい購入費が必要になるのか、費用の内訳を解説します。

軽トラックサイズのキッチンカー:298万円

キッチンカーでたこ焼きを調理するためには、「たこ焼き器」と燃料となる「プロパンガスボンベ」が必要となります。どちらも特別大きな調理器具ではないので、調理スペースもそれほど大きなものは不要となり、軽トラサイズのキッチンカーで十分でしょう。

軽トラックサイズのキッチンカーなら、株式会社フードトラックカンパニーが販売する「キッチンボックス453」が圧倒的におすすめです。新車の軽トラックをベース車両に使っているので、メンテナンス費用がかからないことに加えて、軽トラックサイズながらキッチンスペースでの仕込み調理が可能な点が、他社製品と一線を画す大きな特徴です。

また、標準で「キッチンボックス453」には、「3槽シンク」「蛇口3個」「給排水用200Lタンク」「換気扇」「照明」「コンセント」「収納棚」など、保健所で飲食店営業許可を取得するために必須の設備が搭載されているので、保健所の検査への対策も万全となっています。

» キッチンボックス453の詳細はこちらをクリック

たこ焼き器など調理器具一式:19万円

キッチンカーでたこ焼き器を販売する際に、キッチンスペースで行う調理工程は「たこ焼きを焼く」工程のみです。したがって、キッチンカーで必要となる調理器具は「たこ焼き器」と燃料の「プロパンガスボンベ」のみです。「たこ焼き器」は5万円ほど、「プロパンガスボンベ」は2万円ほどでそれぞれ購入できます。

また、キッチンスペースが限られるキッチンカーでは、食材の冷蔵・冷凍保管機能と調理台・作業台機能の両方の役割を担う「コールドテーブル」を設置する事業者が少なくありません。幅:1,200mm・奥行:450mmサイズの2ドアタイプの「コールドテーブル(価格:12万円ほど)」が、軽トラックサイズのキッチンカーにピッタリです。

以上の通り、調理器具一式(「たこ焼き器」「プロパンガスボンベ」「コールドテーブル」)の購入費用として19万円ほどを準備しましょう。

販促ツール一式(のぼり・看板など):10万円

たこ焼き

キッチンカー出店時には、のぼり・看板・タペストリーなど、たこ焼きを販売していることを道行く人に伝えるための販促ツールが欠かせません。さらに、「チラシ」「ショップカード」などを集客に使用する場合もあるでしょう。これらの販促ツールの購入費として10万円ほどの予算を確保することをおすすめします。販促ツールの詳細については、以下の記事で解説しています。

» キッチンカーの「セールスツール」に関するワンポイントアドバイス!

キッチンカーの「セールスツール」に関するワンポイントアドバイス!

2016.01.30

資格・許可取得費用:4万円

たこ焼きのキッチンカーを開業するためには、「食品衛生責任者資格」を取得した上で、保健所に検査を申し込んで「飲食店の営業許可」を取得することが必要です。資格取得のための講習会は有料ですし、保健所での検査にも所定の費用がかかります。

「食品衛生責任者資格」と「飲食店の営業許可」の両方を取得するための費用は4万円ほどになります。ただし、取得費用は都道府県によって金額が多少上下するので、出店予定地域の保健所に確認することをおすすめします。キッチンカーの営業許可取得について詳しく知りたい人は、下記の記事で詳細に解説していますので、ぜひ参考にしてください。

» 【2022年8月更新】キッチンカーの営業許可取得マニュアル5ステップ!

【2022年8月更新】キッチンカーの営業許可取得マニュアル5ステップ!

2021.01.26

その他費用(試作費・見学費など):10万円

たこ焼きのキッチンカー開業の準備を進めていくと、細々とした出費も必要になります。例えば、情報収集のために実際にキッチンカーを見学に行ったときの交通費やたこ焼きの試作に使った食材の購入費などが代表例です。これらに必要となる費用として10万円を準備することをおすすめします。

開業直後のキッチンカー運営費用:213万円

たこ焼き

どれほど入念に事業計画を作り準備していても、たこ焼きキッチンカーを開業した直後は、思うように集客ができなかったり、出店場所を確保できなかったりする可能性が否定できません。その結果、事前に計画したようには売り上げ・利益を残せないかもしれません。

そのような事態になっても落ち着いてキッチンカー運営を続けるために、開業直後の「運営費用」とオーナー自身の「生活費」を開業資金の一部として準備しておくことを強くおすすめします。

たこ焼き用食材の仕入れ費用・出店料・アルバイトスタッフの人件費・交通費・燃料費・通信費などのその他雑費が、「運営費用」に含まれます。先ほどの912万円を売り上げるシミュレーションの場合は、1カ月あたり41万円の運営費用が必要です。最低でも開業直後の3カ月分、合計123万円(41万円/月×3カ月)を初期費用としてあらかじめ準備しておきましょう。

開業直後からキッチンカー運営に集中するために、開業直後の「オーナーの生活費」も初期費用として準備しておくことをおすすめします。特に家族を持つ場合には、必須の準備費用です。1カ月あたり30万円として、こちらも最低でも3カ月分の90万円(30万円/月×3カ月)を確保することが必要となるでしょう。

「運営費用」と「オーナーの生活費」を合計すると、213万円(123万円+90万円)を準備しなければなりません。必ずしもキッチンカーを開業する人の全員が準備していないかもしれませんが、最も売り上げを伸ばすことが難しい開業直後の時期に落ち着いてキッチンカー運営に打ち込むためにも、是非とも準備することをおすすめします。

まとめ

たこ焼きのキッチンカーは、土日に100人・平日に30人を集客し、平均客単価:605円で売り上げられれば、1年間で912万円の売り上げと420万円を儲けられる可能性があることが、今回のシミュレーションで明らかになりました。そのために必要な初期費用は、車両購入費や開業直後の運営費用を合計して554万円です。

たこ焼きのキッチンカー開業に向けて、さらに詳しく知りたい人は、以下の記事で売り上げや利益金額以外についても解説していますので、参考にしてください。「そもそもたこ焼きはキッチンカーに向いているのか?」も含めて解説していますので、大いに参考になるでしょう。

» たこ焼きのキッチンカー開業に役立つ情報を徹底解説

たこ焼きキッチンカーの開業を徹底解説!年収420万の可能性も!成功のコツ4選も紹介

2021.04.06

たこ焼きに限らずキッチンカー全般について学びたい人には、株式会社フードトラックカンパニーが主催する「キッチンカー開業セミナー」に参加することを強くおすすめします。私自身もこのセミナーに参加して学んだことが、キッチンカーの開業準備の段階で大きく役立った経験があるので、自信をもっておすすめできます。

全国5箇所(東京・大阪・名古屋・福岡・千葉)の常時開催会場に加えて、北海道から九州まで全国各地の地方会場でも随時「キッチンカー開業セミナー」が開催中です。参加費は無料なので、どなたでも気軽に参加できます。セミナー後には、キッチンカー見学もあるので、一度実際に車両に触れてみたいという人にもおすすめです。

たこ焼きのキッチンカーは儲かる!?売り上げ900万円も可能!初期費用は554万円!

キッチンカーの開業セミナー!

キッチンカーを開業する前に、キッチンカーを見学しながら、キッチンカーの開業や運営について質問してみませんか!?

キッチンカーの開業に必要な知識や情報が全て手に入ります!

【開業セミナーの会場と日程】

20名様限定開催!

7月16日(火)11時~13時30分@東京
7月17日(水)11時~13時30分@東京
7月18日(木)10時30分~13時@名古屋
7月23日(火)11時~13時30分@東京
7月24日(水)11時~13時30分@東京
7月24日(水)13時~15時30分@大阪
7月25日(木)10時~12時30分@大阪
7月25日(木)10時30分~13時@名古屋
7月25日(木)13時~15時30分@千葉
7月26日(金)11時~13時30分@福岡
7月26日(金)11時~13時30分@石川
7月30日(火)11時~13時30分@東京
7月31日(水)11時~13時30分@東京
8月23日(金)11時~13時30分@静岡


キッチンカー個別見学

キッチンカーの個別見学

【4種類のキッチンカーを見学&試乗して、最適なキッチンカーを選ぶ】


新車キッチンカーが頭金0円で月額29,460円〜のローンで購入できます!

キッチンカーの初期費用を安くおさえるためのフードトラックカンパニーローン

キッチンカーの初期費用を安く抑えるフードトラックカンパニーローン


キッチンカー開業の動画セミナー!

テレビやYouTubeを観るようにキッチンカー開業の動画セミナーを受講しませんか!?

インターネット生放送の動画セミナー参加者限定の、キッチンカーの詳細説明動画が閲覧できます!

【キッチンカーの動画セミナーの開催日程】
7月17日   (水)10時~12時
7月18日   (木)19時~21時
7月20日   (土)10時~12時
7月24日   (水)10時~12時
7月25日   (木)19時~21時
7月27日   (土)10時~12時


コロナの影響でキッチンカーの需要は下がるのか?上がるのか?

2019年に中国の武漢で発生した「新型コロナウイルス」がキッチンカー業界に与える影響についてまとめました。

コロナがキッチンカーに与える影響

人々がオフィス外からベッドタウンに移ったことと、巣篭もりをしていることでキッチンカーの役割に変化が起こっています。