香川県でキッチンカーの営業をお考えの方に(製作会社の紹介あり)

香川県とキッチンカー


瀬戸内海に面し四国の北東部に位置する香川県。
面積が全国で一番小さい県ですが、災害が少なくコンパクトな中に都市の利便性と豊かな自然が調和した生活環境を併せ持つ特徴を持っています。

麺のコシがしっかりとした「讃岐うどん」や、小豆島の「オリーブ」、香川県丸亀市が発祥とされる「骨付鳥(ほねつきどり)」などの絶品グルメ。

「さぬきのこんぴらさん」の愛称で親しまれる「金刀比羅宮」、空海の生誕地としても知られる「善通寺(四国八十八箇所の一つ)」、寛永通宝の銭形砂絵で知られる「観音寺」、対岸の倉敷市児島から坂出市にかけて海上に架けられた「瀬戸大橋」などの有名観光地。
最近では三豊市にある「父母ヶ浜」が日本のウユニ塩湖と呼ばれ人気を博していますよね。

本州の岡山県とは島々を伝う形で架けられた瀬戸大橋により、道路・鉄路で結ばれていて、アクセスは比較的よく、本州や外国からの観光客が多く訪れています。

香川県では、イベントも数多く開催されています。
たとえば、

「瀬戸内国際芸術」
瀬戸内海の島々を舞台に、3年に一度行われる現代アートの祭典。美しい瀬戸内海を船で巡りながら、島の自然や文化に溶け込んだアート作品を体感することができる、独特なスタイルの芸術祭。
「3万4000人のキャンドルナイト in 小豆島」
小豆島で2008年から行われているまさに島のみんなでつくりあげているイベント
「さぬきマルシェin サンポート」
2011年から毎月開催されており、香川県産にこだわり、香川県らしい食や工芸、生産者、飲食店などの魅力を伝えるマルシェ。

他にもたくさんのお祭りやイベントがあり、キッチンカーはどこでも大活躍です。

また、平地の多い香川県は国内でも特に道路事情が良く、すべての主要国道は4車線以上のバイパスが完備されているほか、幹線道路として機能する県道や市町道もほぼすべてが4車線以上の規格の高い道路で構成されています。道路移動が要のキッチンカーにとって香川県がとても有利なんです。

どうですか?香川県でキッチンカービジネス、興味が出てきませんか?

 

香川県のキッチンカーの製作会社


キッチンカービジネスにはかかせないもの。
それがキッチンカー(移動販売車)です。
キッチンカー購入には、すでにキッチンカーとして販売されているものを購入する場合と、オーダーもしくはセミ・オーダーしてキッチンカーを製作してもらい購入する場合があります。どちらも、金額は決して安いものではありません。また、キッチンカーは特殊な車両ですから、経験と実績のあるキッチンカー専門の製作会社に依頼することをお勧めします。質の良い製作会社さんほど、悩みや相談をしっかり聞いてくれますから、自分にあった車両を提供してもらえるように、連絡を何度も重ねましょう。

では、香川県のキッチンカーの製作会社を紹介します。

◇The traveling kitchen YUM(ヤム)
The traveling kitchen YUM(ザトラベリングキッチンヤム)さんは高松市を拠点に、西日本を中心に行われる屋外ウエディングや各種イベントをトータルにサポートするキッチンカーの会社です。イタリアン出身のシェフによるケータリングは絶品だそうです。1日1組限定で屋外ウエディング、イベントなどの各種パーティーにお料理を提供するケータリングをする一方で、キッチンカーの製作を取り扱っているそう。設計から施工まで専門チームで行い、使う人の事を考えたキッチンカーの製作をしてくれます。

The traveling kitchen YUM(ザトラベリングキッチンヤム)
住所:〒760-0022 香川県高松市西内町11-8
TEL:087-813-1388
MAIL:mail@yum-kitchen.com
HP:http://yum-kitchen.com/index.html

◇ワークハウス(有)
綾歌郡にあるワークハウス(有)さんは、キッチンカーに限らずキャンピングカーやカスタムカーなどを手頃価格で取り揃え、お客様のニーズに幅広く応えてくれます。車両持ち込みも可能です。残念ながらHPなどはないようなので、ご興味のある方は電話してみてくださいね。

ワークハウス有限会社
住所:香川県綾歌郡綾川町畑田3523-1
TEL:087-870-7887

 

香川県のキッチンカーの先輩

交通アクセスがよく、イベントやお祭りがたくさんある香川県には、どのようなキッチンカーの先輩がいるのでしょうか?

◇小豆島のクレープ屋さん あずきカフェ
瀬戸内に浮かぶ小豆島(しょうどしま)を拠点にクレープの移動販売をしている
あずきカフェさん。黄色と白のとてもかわいらしいキッチンカーが目印です。そしてメニューが斬新なんです。
小豆島の名産の醤油を使用し、小豆島の醤油せんべい入りの「醤油クレープ」や小豆島ならではのオリーブグラッセ(オリーブの果実の砂糖漬け)の入った「オリーブグラッセクレープ」なんて食べたことないですよね。他にもメニューはたくさんあってどれもおいしそうです。ぜひ見かけた方はチャレンジしてみてください。

小豆島のクレープ屋さん あずきカフェ
TEL:080-5667-8936
HP:https://azukicafe.shopinfo.jp/
SNS:https://www.facebook.com/azukicafe.shodoshima/

◇ねこトラキッチンどんぐり
かわいい猫型キッチンカーで出動しているのは、ねこトラキッチンどんぐりさんです。ねこトラキッチンどんぐりさんは、四国で初めてのエッグワッフルを販売しています。外はカリッ中はモチッの熱々生地に冷たいアイスを包みお好きなソースをかけてほおばると誰もが笑顔になっちゃいます。ねこトラ号とくろねこ号のどちらに出会えるでしょうか?

ねこトラキッチンどんぐり
住所 :香川県高松市中山町911-10
TEL:080-9713-0028
SNS:https://www.instagram.com/dongurinekotora/?hl=ja

◇アル チェントロ
アル チェントロさんのナポリピッツァは、香ばしくてモチッとした食感がクセになるおいしさです。だって、ナポリの世界3位で有名なピザ窯職人が手がけるピッツァなんですから。また、ナポリから空輸で直送される生の水牛モッツァレラやパルマ産ノンプレス生ハムなど、食材もとことん本場にこだわっています。
店舗の他にナポリから輸入した薪窯を搭載したキッチンカーで本物のナポリピッツァをみなんのもとに届けています。

アル チェントロ
住所:香川県綾歌郡綾川町萱原567
TEL:087-899-8823
HP:https://www.pizzeriaalcentro.com/

 

いかがでしたか?香川県は交通事情もよく、観光地やイベントも数多い県です。またうどん県と言われるほどうどんが親しまれている県ですが、これは、外食文化が根付いているということでもあり、キッチンカーの需要も高いと考えられます。穏やかでパワフルな香川県であなたもキッチンカービジネスを始めてみませんか。

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

移動販売の試食見学会!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

20名様限定開催!