山口県でこれから移動販売をお考えの方へ(製作会社の紹介あり)

山口県のキッチンカーの先輩がすごい!!

早速ですが、山口県で頑張るキッチンカーの先輩を紹介したいと思います。

▷ツムグお台所
ツムグお台所さんは、キッチンカーで全国各地を周っています。現在(2017年12月~)は山口県の萩市、隣の阿武町を拠点に活動をされています。ちなみに、メニューは気まぐれだそうですが、基本的なメニューはおむすびプレート、丼セット、ハヤシライスなどです。また、萩市の田町商店街内『シェアキッチン ほしのかけら』にて朝ごはんとお昼ごはんを提供をしていますが、2019年6月からは、「朝ごはん定額サービス」というのを始められたそうです。気軽に通いやすい場所になれたら、食を通して人や物・地域をつなぐお手伝いが出来たらという姿勢にはただただ愛情を感じるばかりです。

ツムグお台所
SNS:https://www.facebook.com/torin0meshi/
    https://www.instagram.com/torin0meshi/?hl=ja

 

▷お茶の鴻雪園
お茶の鴻雪園さんはなんと創業昭和24年(1953年)から問う言う老舗です。山口県宇部市小野産の茶葉を使った「お茶のソフトクリーム」や「日本茶ラテ」などお茶屋定番のメニューを提供しています。

株式会社 鴻雪園
住所:〒753-0046 山口県山口市本町2丁目4-14
TEL: 083-921-1717 / 083-902-1710(店舗直通)
FAX:083-921-1718
SNS:http://www.kousetuen.co.jp/
  https://www.facebook.com/maccyasoft/

 

▷Mキッチン
2019年3月より山口県宇部市東吉部を拠点とし、旬のお野菜が主役のメニューを中心にキッチンカーにて販売を始めたMキッチンさん。材料となる野菜を担当するのが農業を生業とする兄、調理を担当するのが元レストラン勤務の弟という珍しい兄弟コラボで日々皆さんにからだにやさしいメニューを提供してくれています。メインで提供するのは、野菜と県産の長州どりを挟んだ「チキンサンド」(600円)ですが、「夏野菜のカレー」や「ベジタブルスナック」も気になりますね。

Mキッチン
SNS:https://www.instagram.com/m.kitchen_17/

他にも、ざっと調べただけでもこんなに多くのキッチンカーが検索できました。今日も東に西にと山口県内外を奔走しています。

キチキチチキンキッチンカー
https://kitikitichickenkitchencar.jp/kitchencar.php

Satoyama Landscape
https://www.facebook.com/satoyamalandscape/?ref=bookmarks

THE CUP by craftsman coffee roasters
https://www.the-cup-ccr.com/

ブルズカフェ-Bull’s cafe
http://bulls-cafe.com/blog/389/

咖喱てきた猫
https://curry-neco.crayonsite.com/

移動喫茶てるてるぼうず
https://telutelubohzu.wixsite.com/idoukissa

Valentines Crepes
http://valentines-crepes.com/

人気がありかつ個性豊かなキッチンカーをはじめ、多くのキッチンカーの先輩が今日も元気に営業されています。
では、なぜキッチンカーが山口県に多いのか?
それについて次で詳しく説明していきたいと思います。

 

実はキッチンカーが活躍するのに相性が良い地域がある

キッチンカーが活躍する地域にはいくつかの特徴があります。

  • 交通の便が悪い、もしくはすこぶる良い
  • 人口が少ないもしくは分布に偏りがある
  • 高齢者が多い
  • 季節(主に冬の豪雪)の影響で移動がしにくい
  • イベントや観光地が多い

では、山口県は どうなのでしょうか?

交通事情について
山口県は南側を瀬戸内海、西側と北側を日本海と、三方を海に囲まれ、その中央部を中国山地が横断しています。
九州には関門海峡でつながっており、四国にも船で移動が可能です。高速道路も中国自動車道・山陽自動車道・山陰自動車道が走っているため、比較的移動しやすいといえるでしょう。しかしながら、山に囲まれた谷底平野が多く周防大島などの島も点在しており、買い物難民も多いのが現状です。
交通の利便性の格差があるのが山口県の特徴のようです。利便がよいなら移動がしやすいですから、人気の場所やいあベントへ行きやすいですし、利便の悪い場所には、キッチンカーが行けば利用したくなる顧客は多くいるというわけです。

人口と高齢化について
山口県も他の地方が抱える高齢化と過疎化の問題に直面しています。山口県は島根県と並び65歳以上の人口比率が30%を超えており、観光地を離れた市街地にはシャッター通りが広がるなど、全国に点在する典型的な地方都市です。また、前述しましたが、山口県は山に囲まれた谷底平野が多く集落ができやすい特徴があります。この点もまた、顧客の移動のしにくさを加速させる要因の一つでしょう。顧客の移動の難易度はキッチンカーの有用性そのものですから、これもまた山口県がキッチンカーと相性が良い一つの理由になります。

気候について
気候については、豪雪ということもなく、比較的温暖な地域であるため、言い換えるならば一年中外での営業が負担になりにくいと言えます。

イベントや観光地について
山口県には世界遺産登録の萩の産業遺産群を始め、歴史的に貴重な史跡が至る所に残されています。名所でもイベントは多くありますし、福岡県や近県でも多くのイベントやお祭りがありますから、営業場所は多いです。

多角的な視点からみても、山口県でのキッチンカービジネスがしっかりと根付くだけの理由が数多くあることがわかりますね。

 

山口県のキッチンカーの製作会社

キッチンカーで営業するためには、当然ですが、キッチンカーが必要になります。キッチンカーを購入する場合は、すでにキッチンカーとして販売されているものを購入する方法と、オーダーorセミオーダーをして製作してもらった車を購入する方法があります。
山口県内でキッチンカーを購入するにはどこにお願いすればよいのでしょうか?

▷オオシマ自工
オオシマ自工さんは輸送用トラックボデー及び特装ボデーの開発を手がけており、現在は移動店舗車や移動理美容車、移動販売車などトラック以外の特殊車両も製造しています。夢を運ぶ車づくりをモットーに、日々企業努力を重ねています。しかし、移動理美容車ってすごいですね。これも利用者を想って考えられたのだと思うと頭が下がります。

オオシマ自工
住所:山口県柳井市南浜四丁目3番7号
TEL::0820-23-3800
FAX: 0820-23-3801
SNS:http://www.oshimajiko.co.jp/

 

オートプラン
広島県にあるオートプランさんは、普通車販売にとどまらず、移動販売車やキャンピングカーの製造と販売をしています。営業したい地域の保健所の許可を確認してから車両を確定し、オーナーとの綿密なやり取りをする中でベストなキッチンカーを製作してくれます。全国対応可能ですので、気になる方は問い合わせてみてくださいね。

株式会社 宮内スズキ オートプラン
住所: 〒738-0025 広島県廿日市市平良1丁目5-46 Map
TEL:(0829)30-6511
FAX:(0829)30-6522
SNS:http://autopran.com/

▷フードトラックカンパニー

岩手県で移動販売車(キッチンカー)を始めようとお考えの方への写真その8東京の全国対応納車対応してくれるフードトラックカンパニーさんは東京のキッチンカー製作会社です。「こういうキッチンカーが欲しかった!!」というキッチンカーオーナーの声から誕生したフードトラックカンパニーのモデルキッチンカーでなら、売上が作りやすいでしょう。短納期で低価格、法律も遵守していて安心です。

株式会社フードトラックカンパニー(Food Truck Company .Inc)
住所:〒153-0051 東京都目黒区上目黒4丁目10−4
TEL:03 6671 5299
SNS:https://foodtruck.co.jp/

今回山口県でキッチンカーの製造を手掛けている会社は1社しか発見できませんでした。しかし、地域によっては山口県内より隣県の方が近い場合もありますから、全国対応のキッチンカー製造会社や隣県のキッチンカー製造会社を検索してみてくださいね。

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

移動販売の試食見学会!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

20名様限定開催!