スイーツのキッチンカー(移動販売車)を始める為に必要なこと

キッチンカー(移動販売車)のスイーツ人気

今回はスイーツの移動販売をするのに必要なことを、みなさんにご紹介させて頂きます。

スイーツといえば皆さん何を思い出すでしょうか。一言にスイーツといっても アイスクリーム・ケーキ・シュークリーム・クレープ・かき氷などなど数え切れないほどのメニューがあります 。

今や飲食店であれば、どのお店でも目にする機会の多いスイーツ。更に最近ではコンビニスイーツももてはやされていますよね。そんなスイーツ人気ですから、競合も多いのではと危惧される方も多いでしょう しかし、一度ヒット商品を生み出すことができれば、他の商材には起こすことの出来ない一大ムーブメントを引き起こす可能性も秘めています。

そんなスイーツの移動販売を始める為に必要なことを、詳しくご紹介していきます。

スイーツの移動販売を始める為の準備

ではスイーツの移動販売を始める為には、一体何から準備していけば良いのでしょうか。
大きく3つに分けてご紹介していきます。

商材・機材

まずは、どのスイーツで勝負するのかを決定していきましょう。
流行りのアジアンスイーツで勝負するのか、鉄板のクレープで安定を狙っていくのかはあなた次第です。
取り扱う商材によって必要な機材が分かりますが、今回は基本的に必要な物のみをご紹介させて頂きます。
冷蔵庫と冷凍庫は必須機材です。
スイーツは基本的には冷たい物が多いですので、上記機材はご用意下さい。
ホットケーキなどのパン生地系を使用する場合は、鉄板が必要になってきます。
もちろん水を利用しますので、シンクも必要です。
商材によっては、ミキサーなどの機材が必要になるかとは思いますので、商材の決定が先決です。

各種手続き

商材を決めた後に、必ずしなければならないことがあります。
それは、開業手続きと各種申請です。

保健所でまずは移動販売車の許可を取得しましょう。
確認される点は、運転席と調理場がきちんと区切られているか、上記に挙げたシンクがあるかどうかなどが見られます。
各保健所により審査基準が異なりますので、お住まいの市区町村の保健所にお問い合わせ下さい。
「食品衛生責任者」の資格も取る必要があります。半日程度の講習で取得できますが、参加できる定員数が決まってますので、事前の予約をお勧めします。

営業場所

最後に営業場所の決定です。
実は、これがかなり骨の折れる作業になります。
スーパーやドラッグストア、イベント会場など、ご自身で問い合わせをしてご自身で営業場所を確保する必要があります。
もしくは、
・イベントなどの出店情報をネットで検索する
・ 出店管理サイトに登録する
・キッチンカー仲間に紹介してもらう
などの方法があります。

道路や歩道での営業は基本的には難しく、見つかると切符を切られるのでご注意下さい。

 

スイーツのおすすめのメニュー・レシピ

さて、続いては一番力を入れるべきメニュー・レシピについてご紹介させて頂きます。メニュー作りはお店の売り上げにおいて、最も影響力の大きいカテゴリーです。
ここで良い案が生まれれば、きっとお店も盛り上がるでしょう。
そこでオススメのメニューをいくつかご覧ください。

クレープ、ホットケーキ

キッチンカーでのスイーツ販売といえば「クレープ」を思いつく方は多いと思います。
実際街中やイベントでよく見かけますが、それにはちゃんとした理由があるんです。

▷利益率が高い
クレープやホットケーキの主原料は小麦粉です。いわゆる「粉もの」と呼ばれる分野ですが、この「粉もの」は原価が低く、利益が出やすい商品です。
2018年7月に大阪城そばの人気たこ焼き店が約1億3000万円の脱税を告発されたことも記憶に新しいのではないでしょうか。もちろん、みなさんにはきちんと納税していただくとして(笑)、こうしたニュースから見ても「粉もの」は商売として成立しやすいということがわかりますね。

▷定番メニューである
移動販売やキッチンカーで取り扱う「定番」メニュー。実は男性は大の「定番」好きなんです。
女性は華やかなものや流行り物のスイーツを好みますが、対して男性は「定番」の、いわゆる食べたことのあるものを好むというデータがあります。「スイーツ男子」と呼ばれる男性が多い昨今、定番の「クレープ」や「ホットケーキ」は戦力として十分なメニューなんです。

▷アレンジが自在
チョコソースやアイスなど色々な食材を付け合わせるのはもちろん、ツナや野菜をトッピングして食事メニューにもなる優等生ですから、客層や時間帯に合わせてメニューを考えるのもよいでしょう。

▷おすすめレシピ
食事メニューであれば「そば粉のガレット」や焼肉を巻いてラップサンドのようにすればボリュームたっぷりで男性も満足の一品に。クレープ・チーズ・ハムを何層にも重ねた「食事系ミルクレープ」も人気が出そうですね。
ホットケーキも一口サイズにカットしてサラダや生ハムと一緒に提供したり、BLT サンド風のパンケーキ版バーガーなんてどうでしょう か?

素材にこだわるのもおすすめです。小麦粉ではなく米粉を使用したり、フランス産にこだわった材料でエレシバターをふんだんに使ったフレンチクレープを提供してみるのもありですね。

▷ワンハンドスイーツ
ワンハンドスイーツという言葉をご存知でしょうか。その名の通り片手で食べることができるスイーツのことで、もう片手で写真を撮ってSNSに投稿できるので、いま大人気なんです。
片手で持ち運べて、食べ歩きできるワンハンドスイーツはキッチンカーメニューとしてもうってつけ 。クレープはもちろんソフトクリームやわたあめスムージーさらには揚げパンなど メニューは多彩です。「片手」というキーワードを念頭に入れてメニュー作りをしてみたら新しい発見があるかもしれません。

サブメニューの必要性

メニューは気合いを入れて作る方は多いですが、このサブメニューも外せません。
具体的には、ドリンク系が好ましいです。
なぜなら、欲しい希望の商品を購入した際に「これも欲しい」と思わせることが出来ると、それは単価アップに繋がるからです。
500円のパンケーキ一つだけの売り上げよりも、500円のパンケーキと300円のマンゴージュースのセットで売れたほうが儲けになりますよね。
上記の様に、セット割引を考えるのも一つの手法です。
メインメニューとサブメニューのセット購入で、100円引きなどするとお得感もあり、よりセット購入に繋がります。
是非、魅力的なサブメニューもラインナップに加えてみてはいかがでしょうか。

 

スイーツでおすすめのキッチンカー(移動販売車)

スイーツ販売をするのに適したキッチンカー(移動販売車)をいくつかご紹介します。
スズキのキャリーボックスカーはオススメです。
立って作業が出来るので疲れませんし、高さがあるので遠目からでも目立ちます。
中型ならトヨタのアーバンサポーターでしょう。
車内を多目的に使用できますし、広さもあるので作業接客に集中出来ます。
必要な機材の量やストックの量と相談しましょう。

 

先輩キッチンカーの紹介!

今回ご紹介させて頂く先輩キッチンカーは、関東を中心に幅広く活躍中のcotton company(こっとんカンパニー)様です!
こっとんカンパニー様は台湾スイーツ・クレープを販売しており、メディアにも多数取り上げられている大先輩です。
ピンクの車体に白地で、まさに綿綿氷(メンメンピン)を表現しているようですね。
お店の主力商品であるマンゴー氷は、みなさんも一度は見たこと食べたことがあるのではないでしょうか。
やはりオリジナルメニューの人気は、そこでしか食べられないということもあり、一度火が付くと止められませんね。
使用しているアップルマンゴーは台湾の指定産地から輸入しており、香り豊かな味わいが特徴です。
今や世界で大人気となっているタピオカドリンクもサイドメニューに取り揃えています。
最近では映画出演もされたそうで絶好調ですね!
みなさんもキッチンカー(移動販売車)やメニューに、必ずオリジナリティーを加えることを忘れないで下さい。
そこでしか味わえない商品、そこでしか会えないあなたを求めていくのですから。

キッチンカー(移動販売)でスイーツを始める方法

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

移動販売の試食見学会!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

【試食見学会の会場と日程】

20名様限定開催!

東京会場:12月18日(水)10時〜13時
大阪会場:12月20日(金)10時〜13時
名古屋会場:1月30日(木)10時〜13時