移動ピザ屋をキッチンカー(移動販売)で開業する前に確認する事。

移動ピザやをキッチンカー(移動販売車)で開業するときに知っておいてもらいたい事をまとめました。

ピザの宅配のバイク、イタリアンレストラン、そしてピザ専門店。町中で見かけることができるピザ。
このピザがキッチンカービジネスでおすすめな理由をまとめました。

 

ピザが人々に人気な理由

アツアツでとろりとろけるチーズがたっぷり乗ったピザ。
口いっぱいにほうばれば、濃厚なトマトソースと極上の生地と相まって、もうそれは至上の喜びですよね。

ピザはイタリアで生まれ、現在では日本を含む世界中で目にすることのできる料理です。イタリアンレストランはもちろんデリバリーや冷凍食品なども多く流通していて、日本人にとってもなじみのある料理です。

しかし、なぜピザはこんなに世界中の人を魅了するのか?
実はピザの材料には食べずにいられなくさせる食材が潜んでいるからなのです。
それは、小麦粉・トマト・チーズです。
「チーズ、チョコ、トウモロコシ、小麦、コーヒー、ミルク、卵、ジャガイモ、トマト」などの食べ物には「もっと食べたい」という欲求を強く感じさせる働きがあるため、小麦粉とトマトとチーズが入っているピザは、食べると人間の脳に幸福感や高揚感を強くもたらす食べ物なんです。
このおいしさを知ったらまた食べたくなる食べ物、それがピザなんです。
顧客層が厚いということやリピーターが見込めるピザは、キッチンカーのメニューとしては優秀です。
また、ピザは熱々の焼き上がりが美味しいという利点も考えればキッチンカービジネスにピザはとても相性が良いと考えられるでしょう。

 

ピザの原価、実は○○

世界で浸透しているピザですから、当然日本でもピザの人気は大変高く、それに合わせてピザ屋の独立開業も相次いでいるようです。現在でもピザ屋は増え続けており、市場規模は約2,600億円と、ここ30年ほどで5倍に拡大しています。

そんな人気のピザですが、原価はいったいいくら程度なのでしょうか?
ピザの原価は販売価格の10~20%と言われています。
また、原料やトッピングの具材なども比較的季節要因による価格の変動も大きくないので、年間通しても材料費の幅は少なく、コストをコントロールしやすい販売メニューです。

ピザ屋さんを運営するのに費用が大きくかかるのは人件費と広告費でしょう。
しかし、キッチンカーであれば、人件費はかなり抑えることができますし、広告もSNSを上手に利用すれば安く抑えることができます。

 

 

キッチンカービジネスでピザを販売するために

では、実際にキッチンカー(移動販売)でピザを販売するためにはどうしたらよいのか見ていきましょう。

キッチンカー(移動販売車)について

キッチンカーでピザを販売するために最も必要なもの、それはキッチンカーとピザ釜です。
キッチンカーを購入する場合には既にキッチンカーとして販売されている車両を購入するか、キッチンカーをオーダーもしくはセミオーダーするのが主流です。キッチンカーは特殊車両ですし、保健所によって規定が異なっているため、キッチンカーの専門製作会社に依頼することをお勧めします。

◇フードトラックカンパニー

フードトラックカンパニーは東京にあるキッチンカーの専門会社で、全国に納車対応しています。成功事例に基づいて作られ、売上が作りやすく、法律も遵守していて低価格なキッチンカーを手に入れることができます。
試食販売会を定期的に行っており、ノウハウやキッチンカーの先輩リアルな声を聞くことができますから、興味のある方はぜひお問い合わせください。
https://foodtruck.co.jp/

ピザ釜について

次にピザ釜ですが、最近は本格的な石窯を積んだキッチンカーが多く見られます。他にも薪釜やイタリア直輸入の窯などこだわりを見せているキッチンカーの先輩も多いようです。

釜の選択のポイントは火の回りが早い」「温度がすぐ上がる」こと。
良い釜を利用すれば、最高の状態でピザが焼けることは提供時間も短く済み、客の回転数も落とさずに済みます。
ただ、車載にあたっては、排気のための煙突工事など大がかりな改造も必要な場合があるので注意が必要です。

ピザ釜には「薪釜」「石釜」「ガス窯」「電気釜」「ベイクック」などいくつかの種類があります。

▷石釜
「薪釜」と呼ばれることもあります。
作りが石でも、ブロックでも、耐火セメントでも、陶土でも、粘土でも、「石窯」と呼びます。
薪を燃料とし高温で焼き上げられるので、ナポリピッツァに最適と言われているのが石釜(薪釜)です。技術を要しますが、短時間で焼き上げることができます。しかし、薪が高費用であること、煙突設置が必要なことなど特殊性が高いことは理解しておきましょう。

▷ベイクック
「ペレット」をご存知でしょうか?
ペレットは、乾燥した木材を細粉し、圧力をかけたものです。主にストーブやボイラーの燃料として利用されています。そのペレットを燃料としてピザを焼く窯を「ベイクック」と言います。薪窯と同等のおいしさとスピードを提供することができ、しかも温度調整も簡単で誰でも簡単においしいナポリピッツァをはじめピザ全般を焼くことができます。薪窯、ガス窯、電気窯のいいとこ取りをした感じというとわかりやすいかもしれません。

▷ガス窯(ガスオーブン)
都市ガスやプロパンガスなどを熱源にしてピザを焼くのがガス釜です。薪釜などに比べ釜の技術は要せずとも扱いやすいです。耐火年数が約30年とほかのピザ釜と比べて長く、また、焼きむらが少ないことも利点です。

▷電気釜
電気のメリットは何といっても火を使用しないので安全面で優位なことです。しかしながら高温にはなりにくいため、蒸発に時間がかかるorしっとりしたピザになりがちです。しかしながら、初心者でも扱いやすいというメリットがあります。

ピザ釜には種類があり、価格や特性が全く異なりますから、価格や自分が提供したいピザを踏まえて適切なピザ釜を選択しましょう。

移動ピザ屋でおすすめのレシピ

ピザの魅力はメニューの多さなのではないでしょうか。マルゲリータ、シーフード、照り焼きや明太子などを用いた和風、スイーツピザなど、トッピングを変えれば組み合わせは無限です。
メニューやレシピを考えるときに必要なのは、こだわりと鉄板です。

こだわり、これはレシピにこだわること以外にも、原材料にこだわる、地域性にこだわる、季節にこだわる、機材にこだわるなど、こだわり方はいろいろです。他のキッチンカーと異なる個性を打ち出すというのはキッチンカービジネスにおいてはとても重要です。

そして鉄板。こだわりの味はもちろん大切ですが、やはり食べなれたもの、見慣れたものはメニューとしては強いです。
あるランキングで好きなピザの1位は男女とも「マルゲリータ」でした。しかも、女性に至っては7割の方が「マルゲリータ」推しだそうです。

こだわりと鉄板をうまく組み合わせて、ぜひみなさんに好かれるキッチンカーを目指してください。

 

 

 

移動ピザ屋を開業する前に知ってもらいたい事

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

移動販売の試食見学会!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

【試食見学会の会場と日程】

20名様限定開催!

東京会場:12月18日(水)10時〜13時
大阪会場:12月20日(金)10時〜13時
名古屋会場:1月30日(木)10時〜13時